片岡愛之助、『鎌倉殿の13人』小栗旬演じる義時の兄・北条宗時役に 「“兄”として身の引き締まる思い」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、北条宗時役を片岡愛之助が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 北条宗時は主人公・北条義時(小栗旬)の兄。史実では石橋山の戦いで命を落とす。

 片岡は三谷が脚本を手がけた『真田丸』に大谷吉継役で出演。続いての大河出演について、「出演させていただけると伺った時は素直にとても嬉しかったです」と喜びのコメント。宗時について、「私とは真逆の人間。夢に生き、夢に散った男だったと知りました。打倒平家に燃えたその夢想家の熱意は相当なものだったと想像がつきますし、今回はその熱量をいかに表現できるかに懸かっていると感じています。自分とは正反対の生き方をした武将を演じられることに今からワクワクが止まりません!」と自身との違いについて語った。

 三谷作品への出演は本作が7作目。「三谷さんは役をその俳優に当て書きされます。私が演じる宗時はもちろん、義時をはじめとするすべての登場人物がどんなキャラクターに描かれるのかとても楽しみです」と三谷脚本へ期待を寄せた。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

また三谷幸喜さんの大河ドラマに出演させていただけると伺った時は素直にとても嬉しかったです。
北条宗時は私とは真逆の人間。夢に生き、夢に散った男だったと知りました。打倒平家に燃えたその夢想家の熱意は相当なものだったと想像がつきますし、今回はその熱量をいかに表現できるかに懸かっていると感じています。自分とは正反対の生き方をした武将を演じられることに今からワクワクが止まりません!
とはいえ、宗時は歴史文献にもあまり記録が残っていない人物。その宗時が三谷さんの脚本でどう描かれるのか、非常に楽しみです!

大河ドラマ出演について

2016年『真田丸』
今回と同じ三谷さん作品で、豊臣家家臣の大谷吉継を演じさせていただきました。主人公の真田信繁を演じた堺雅人さんと、石田三成を演じた山本耕史さんといつもご一緒させていただいた思い出があります。私にとって初めての大河ドラマが三谷さんの作品で、また大谷吉継を演じられたことがとても嬉しかったです。

2020年『麒麟がくる』
本年の『麒麟がくる』にも出演させていただきました。織田信長最大の敵今川義元を、今までのイメージにない力強いキャラクターで演じました。桶狭間も壮大に描かれ、とても印象的なシーンとなりました。
『真田丸』の大谷吉継と同じく、“死に様”がとても大事なお役だったと思います。

三谷幸喜作品への出演について

【舞台】
2014年『酒と涙とジキルとハイド』(三谷幸喜作・演出)
2018年 『酒と涙とジキルとハイド』(再演)
2019年『六月大歌舞伎』三谷かぶき『月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと)風雲児たち』
【映像】
2006年 正月時代劇『新撰組!!土方歳三 最期の一日』(NHK総合) 榎本武揚役
2016年 大河ドラマ『真田丸』(NHK総合) 大谷吉継役
2018年 正月時代劇『風雲児たち~蘭学革命篇~』(NHK総合) 前野良沢役

三谷さんの作品、特に舞台では演じる役者も日々変化、進化していきます。稽古からとても楽しかったことを覚えています。
また三谷さんは役をその俳優に当て書きされます。私が演じる宗時はもちろん、義時をはじめとするすべての登場人物がどんなキャラクターに描かれるのかとても楽しみです。

小栗旬との共演について

小栗さんとは共演経験はありませんが、それぞれの役を変幻自在に演じられる俳優さんだなとつくづく感じさせられます。どんな作品のどんな役にも圧倒的な説得力があり、私もいち視聴者として魅了されています。今回はどんな北条義時を演じられるのか、“兄”として身の引き締まる思いです。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK