朝ドラ『エール』第112話では、音(二階堂ふみ)が華(古川琴音)にお見合い写真を用意するが……

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『エール』。11月17日放送の第112話では、音(二階堂ふみ)が華(古川琴音)にお見合い写真を用意する。

 池田(北村有起哉)と裕一(窪田正孝)の『君の名は』が大ヒットした第111話。第112話では、華が東京の病院で働き始めて3年。看護の仕事にやりがいを感じて、仕事に頑張る華だったが、音はそろそろ結婚のことも考えた方がいいのではと、24歳になった娘のことを心配する。一方、40代の裕一は、元の机でラジオドラマの音楽をつくり、別の机では歌謡曲を書き、もう1つの机で映画の主題歌や劇伴を書き……といった具合で、人生で最も多忙な時期を送っていた。

 昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一とその妻・音の物語。主演の窪田正孝のほか、二階堂ふみ、中村蒼、山崎育三郎、北村有起哉、松井玲奈、奥野瑛太、古川琴音、板垣瑞生、宮沢氷魚らがキャストに名を連ねる。

■放送情報
連続テレビ小説『エール』
2020年3月30日(月)~11月28日(土)予定(全120回)
※9月14日(月)より放送再開
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45
※土曜は1週間を振り返り
出演:窪田正孝、二階堂ふみほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/yell/