石橋静河、さらに広げる活躍の場 『東京ラブストーリー』『恋あた』で“2020年の女性像”を体現

 火曜ドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)で、主演・森七菜の恋と仕事のライバル役を演じている石橋静河。2020年版『東京ラブストーリー』(FOD)で赤名リカ役を演じるなど近年は数多くの作品やCMに出演し、映画界からさらに活躍の場を広げている。

 ダンサーとして活動しながら芝居の道に進んだという石橋。そんなキャリアの転機となったのは、池松壮亮とW主演を務めた『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(2017年)だろう。本作で、石橋は新人女優賞を数多く受賞。実力派若手女優の肩書きを欲しいままに。

 テレビドラマでも、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(2018年)の、律(佐藤健)の嫁・より子役で話題に。律の恐妻として登場し、上昇志向がなく、いまだに幼なじみの鈴愛(永野芽郁)のことをずっと思っている律を叱咤したりするなど、現実的なより子の味方をする女性の視聴者も多く、わずかな登場シーンながら異例の存在感を示した。

 ドラマにおいてはその自然すぎる演技からバイプレーヤー的立ち位置で重宝されることが多かった石橋。しかし今年、リメイク版の『東京ラブストーリー』ではヒロイン・赤名リカ役に抜擢された。1991年版『東京ラブストーリー』で鈴木保奈美が演じたリカはどこか破天荒で、 同い年のカンチ(織田裕二)を振り回すようキャラクターだったのに対し、石橋演じるリカは、後輩のカンチ(伊藤健太郎)をリードするお姉さん的な立場に。サバサバとした言動で鈴木が演じたリカとの違いを見せた。観るほどに視聴者をその作品世界に誘うようなナチュラルな魅力は石橋ならではといえ、彼女の本領が発揮された作品だろう。