志尊淳、『極主夫道』で恋に奮闘! 不器用で純粋に相手を想い突っ走る雅を好演

 第5話でクライマックスかのような締めくくりを見せた『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)。第6話では、雅(志尊淳)が想いを寄せるゆかり(玉城ティナ)への恋を成就するために奮闘していく回となった。

 ゆかりが「家事ができる男の人がいいよね」と話していたことで、家事が全くできない雅は龍(玉木宏)に家事のイロハを教えてもらうことに。己のご褒美を作ること、何でも楽しくすることが大事であることや炊飯器でパンを作る方法など、家事においてのライフハックが伝授される。

 雅は料理教室にも通い、手作りのパンを作ってゆかりに届けようとしたが、トラックに踏まれてしまう。追いかけていくと、そのトラックの運転手・タケシ(柳俊太郎)が、ゆかりと別れ話をこじらせていたのを目撃する。

 美久(川口春奈)らは雅の恋を応援しようと、二人のデートをサポート。しかし、「どんなときでも相手の気持ちに立って考えろ」と龍に教えられていた雅は、ゆかりの気持ちを察して、タケシとの寄りを戻すように伝えて、結局デートで2人がくっつくことはなかった。

 タケシと寄りを戻すことになったゆかり。だが寄りを戻すというのはDJ・タケシとラッパー・ゆかりの再結成の話。最後はラップ合戦の大円団で幕を閉じた。

 雅が不器用ながらも常にゆかりのことを第一に考えて、一直線に恋に走っていく中で、徐々にゆかりとの距離を縮めていく展開にはグッと来た。この2人に恋はどこか龍と美久を彷彿とさせるものであり、不器用であるが純粋に相手を想い突っ走る雅を志尊淳がしっかりと形にし、今時女子で強気なイメージの強い一面と乙女な一面を玉城ティナが演じ分けられていた。