『極主夫道』龍と美久のなれ初めが明らかに 勘違いから育まれたヤクザの恋

 龍(玉木宏)が車に轢かれてどうなっていくのか不穏な空気が流れた『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)。第5話では、いつものコミカルさだけではなく、それぞれの龍への思いがひしひしと伝わり、思わずグッとくる感動的な回となった。龍と美久(川口春奈)の愛の物語にも感極まる。

 龍と美久は、理想的な夫婦のように見えていたが、美久が所属する会社内でヤクザであった龍がよく思われていないことがきっかけとなり、仲違いをしていた。どうしても龍に風当たりが強くなってしまった美久。龍がいなくなって、過去を思い返しながら改めて龍の大切さを思い知り、ケジメをつける決意を固める。

 龍と美久の過去が描かれ、2人の距離が縮まった要因は、2人の勘違いによるものだったのだ。出会いはファミレス。注文の際に、龍が美久のことを呼び続けていたことがきっかけで2人は近づく。それから子持ちであることと結婚に関する言及がより2人の距離を縮めていった。

 だが実は、龍が美久のことを呼び続けていたのは、他の店員だと恐れられて反応されなかったからで、“子持ち”は美久のことではなくメニューとして頼んだカレイのこと。“けっこん”について話すというのは、結婚ではなく血痕のことであり、全てが好意からではなく勘違いが引き起こしたことであったのだ。