『妖怪シェアハウス』怖さと優しさのギャップ見せる毎熊克哉 小芝風花は“鬼”になって覚醒!?

『妖怪シェアハウス』怖さと優しさのギャップ見せる毎熊克哉 小芝風花は“鬼”になって覚醒!?

 雑誌編集会社のこんじゃくプロダクションで正式採用されることになり、再スタートを切った澪(小芝風花)。しかし上司からはこき使われ、最初のお給料はすべてスマホ代に消えてしまい、相変わらずお金はない……。彼氏に全財産を奪われ捨てられるなどこれまでの立て続けの不幸のせいで、ときおり澪は“貧乏神”としか言いようがない廃れた姿になってしまう。『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系)第3話は、そんな澪のもとに故郷の喜界島で一緒に育った大親友・藍(松田るか)がやってくるところからはじまる。

 久々に親友と再会できることに喜ぶ澪。そんななか藍は、出会い系サイトで出会ったという彼氏・斉藤(渋谷謙人)を紹介する。斉藤は、若くして起業家として成功し、現在はラーメンチェーンのオーナーを務めるやり手経営者なのだという。4店舗目の出店と近々カップ麺を売り出すために出資者を募っていると話す。結婚も見据えていると嬉しそうな藍を見て、澪も心底ホッとしている様子。しかし、たまたま同じ店で合コンをしていた酒井涼/酒呑童子(毎熊克哉)は帰宅後、斉藤のことをどこかで見たことがあると、不穏な予感を察知する。

 後日、こんじゃくプロダクションに藍が訪ねてきて、斉藤に10万円を投資したら30万円になって戻ってきたと嬉々として澪に伝える。プロポーズもされたという藍は、斉藤の事業を信用して200万円投資して結婚するとも。その姿に一緒になって幸福感に包まれる澪だったが……。酒井が思い出した記憶によれば斉藤は、顔出ししていない有名人になりすまして女性を騙す“なりすまし詐欺師”かもしれないというのだ。

 「澪の友達は私たちにとっては赤の他人だから……」と最初は助けを求めても知らん顔の妖怪たちだったが、澪の熱心な想いにやられて詐欺師への報復をサポート。澪も徐々に妙な妖気を放ちだし、冒頭では貧乏神だったのが、小さなツノの生えた鬼のような形相になっていく。妖怪たちとシェアハウスすることで、人間と妖怪の境目が曖昧になっているのか……。卑怯者だけは絶対に許せない酒井=酒呑童子の活躍もあり、見事報復に成功するのだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる