落合モトキ、復讐劇をかき乱すライター役で『竜の道』第3話から出演 「憎たらしく演じました」

落合モトキ、復讐劇をかき乱すライター役で『竜の道』第3話から出演 「憎たらしく演じました」

 毎週火曜21時よりカンテレ・フジテレビ系で放送中の『竜の道 二つの顔の復讐者』。8月11日放送の第3話から落合モトキが出演することが決定した。

 本作は、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟を描いたサスペンス。復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・竜一を玉木宏が演じ、竜一の双子の弟で、運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二を高橋一生が演じる。

 第3話から出演する落合が演じるのは、フリーライターの沖和紀。経済誌の記者として、新進気鋭のコンサルティング会社社長である和田猛(=竜一)の取材を行った沖は、ひょんなことから和田に興味を持ち始め、独自に周辺を調べ始める。竜二と連携し、キリシマ急便社長の霧島源平(遠藤憲一)への復讐を企てる竜一にとって、自身の過去を嗅ぎまわる沖は不気味な存在に。外側から竜一と竜二の復讐劇をかき乱す役どころとなる。

 8月4日放送の第2話では、竜一、竜二、美佐の3人が鉢合わせに。目の前にいる“竜二の友人”和田猛の正体が死んだはずの竜一だと知る由もない美佐だったが、竜一と竜二の間には動揺が走る。さらに、キリシマ急便のパーティーに潜入した竜一は、源平との接触を試みる。また、そこで後々の計画のキーパーソンとなる源平の長女・まゆみ(松本まりか)や長男・晃(細田善彦)と出会う。そんな中、竜一と竜二の計画を狂わせる“ある人物”が会場に現れる。

【第2話PR・60秒】竜の道 二つの顔の復讐者

落合モトキ コメント

演じる沖はどのような人物か

嫌われてなんぼの職業なだけに、世間から見ても鼻につく男だと思います。出てくるだけで「こいつ何か起こしそうだな」って雰囲気を放つ人物で、良いやつではなさそうですね(笑)。

休止期間後の撮影について

クランクインの前日に撮影休止になって、もう肩を温めきって「明日演じるぞ!」っていう状態でのストップだったので、撮影再開してクランクインしたときは空回りしないか心配でした。自粛期間中は家族としか会えていなかったので、クランクインしていきなり玉木さんと共演したときは、単純に「イケメンに会えてうれしい!」って感想でした(笑)。

玉木宏との共演を振り返って

ずっとドラマや映画で見ていた方なので、やっとご一緒できるんだという喜びがありました。玉木さんとの撮影については、「こいつ何なんだ?」と思われるよう憎たらしく演じました。僕も同じくらい年下にこんなやつがいたら嫌ですから(笑)。視聴者の皆さんにも「本当、かき乱さないで!」って思われると思います。

視聴者へのメッセージ

とにかくキャストの方が豪華ですし、お休み期間中に皆さんが弓を引いているような状態で、再びお芝居させていただく喜びというのがにじみ出ていると思います。作品ももちろん面白いですし、男くさい感じもあるので、お父さんの楽しみにもなってくれればいいかなと思います。ぜひ、お楽しみに。

■放送情報
『竜の道 二つの顔の復讐者』
カンテレ・フジテレビ系にて、毎週火曜21:00〜放送
出演:玉木宏、高橋一生、松本穂香、細田善彦、奈緒、今野浩喜、渡辺邦斗、西郷輝彦(特別出演)、松本まりか、斉藤由貴、遠藤憲一ほか
原作:白川道 『竜の道』 (幻冬舎文庫)
脚本:篠崎絵里子(「崎」は「たつさき」が正式表記)、守口悠介
音楽:村松崇継
主題歌:SEKAI NO OWARI 「umbrella」(ユニバーサル ミュージック)
オープニング曲:ビッケブランカ 「ミラージュ」(avex trax)
プロデュース:米田孝、水野綾子
演出:城宝秀則、岩田和行、紙谷楓、吉田使憲
制作:カンテレ、共同テレビ
(c)カンテレ
公式サイト:https://www.ktv.jp/ryu-no-michi/
公式Twitter:https://twitter.com/ryunomichi_ktv

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる