『ジュラシック・ワールド』とクロスするアニメシリーズNetflixで配信 恐竜が暴れまわる予告編も

 Netflixオリジナルシリーズ『ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ』が9月18日より配信されることが決定し、あわせて予告編とキービジュアルが公開された。

 本作は、スティーヴン・スピルバーグらが手がけてきた『ジュラシック・パーク』『ジュラシック・ワールド』シリーズ最新作となるアニメーションシリーズ。『ジュラシック・ワールド』と同じ時間軸を舞台に描かれる。

 『ジュラシック・パーク』『ジュラシック・ワールド』シリーズの舞台となったイスラ・ヌブラル島にあるキャンプ場“サバイバル・キャンプ”を訪れたのは、6人のイマドキ少年少女たち。ひと夏の冒険として安全に楽しい恐竜たちの世界を体験するはずが一転、思いもよらないトラブル発生により、島に取り残され孤立状態になってしまう。外界との連絡手段も閉ざされた中、ついに野放しとなった危険な恐竜たちが、次々と彼らに襲いかかる。

 スピルバーグが本作でも製作総指揮を担当。さらに、 『ジュラシック・ワールド』で監督・脚本を担当し、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』でも共同脚本・製作総指揮を担当、2021年全米公開予定『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』で再び監督・脚本を担当するコリン・トレボロウ、スピルバーグとともに多くの作品を手がけ、『ジュラシック・ワールド』シリーズにもプロデューサーとして参加してきたフランク・マーシャルらも製作総指揮として参加。また、『カンフー・パンダ』のTVアニメシリーズでエミー賞ノミネート歴を誇る、ドリームワークス・アニメーションのスコット・クリーマー、アーロン・ハマーズリーも、製作総指揮・ショーランナーとして参加し、アニメ化を実現に導いた。

 公開されたポスタービジュアルでは、主人公の少年少女に襲いかかろうとする恐竜の姿が切り取られている。

 予告編では、“サバイバル・キャンプ”を訪れ、恐竜たちと触れ合う少年少女たちの楽しげな雰囲気から一転、恐竜の脱走をきっかけにあらゆる危機に襲われる様子が描かれている。

■配信情報
Netflixオリジナルシリーズ『ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ』
9月18日(金)より独占配信開始