マーティン・スコセッシ&ロン・ハワードが製作総指揮 ザ・バンドのドキュメンタリー10月公開

 ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』が、10月23日より角川シネマ有楽町、渋谷WHITE CINE QUINTOほかにて全国順次公開されることが決定した。

 本作は、ボブ・ディランをはじめ、音楽史に偉大な足跡を残したミュージシャンたちから尊敬される、ロック史上最も重要なバンドの一つである「ザ・バンド」のドキュメンタリー映画。ギターのロビー・ロバートソンが2016年に綴った自伝をもとに、バンドの誕生からアルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』でのレコーディング、メンバーたちの熱い友情と軋轢、そして伝説的解散ライブ「ラスト・ワルツ」まで、彼らの創作の旅路を追う。製作総指揮をマーティン・スコセッシ、ロン・ハワードが務める。

 また、本作には大物ミュージシャンたちが特別ゲストとして出演。若き日にザ・バンドの初アルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』を聴いてショックを受けたというブルース・スプリングスティーンや、ザ・バンドの音にほれ込み、ウッドストックに出向いて、グループへの加入を切望したというエリック・クラプトンに加え、ヴァン・モリソン、故ジョージ・ハリソン、 ピーター・ガブリエル、タジ・マハールらが登場する。さらに、当時、ウッドストックに住んでいたボブ・ディランとの特別な友情やセッションの様子も描かれる。

 あわせて公開されたポスタービジュアルでは、ザ・バンドのメンバー5人が寄り添う姿が切り取られており、「音楽も仲間も心から愛していた」というコピーが綴られている。

■公開情報
『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』
 10月23日(金)より、角川シネマ有楽町、渋谷WHITE CINE QUINTOほか全国順次公開
監督:ダニエル・ロアー
製作総指揮:マーティン・スコセッシ、ロン・ハワード
出演:ザ・バンド(ロビー・ロバートソン、リック・ダンコ、リヴォン・ヘルム、ガース・ハドソン、リチャード・マニュエル)、マーティン・スコセッシ、ボブ・ディラン、ブルース・スプリングスティーン、エリック・クラプトン、ピーター・ガブリエル、ジョージ・ハリスン、ロニー・ホーキンス、ヴァン・モリソン、タジ・マハール
原案:『ロビー・ロバートソン自伝 ザ・バンドの青春』(ロビー・ロバートソン著、奥田祐士訳、DU BOOKS刊)
配給:彩プロ
2019年/カナダ、アメリカ/英語/カラー・モノクロ/アメリカンビスタ/5.1ch/101分/原題:Once Were Brothers: Robbie Robertson and the Band/後援:カナダ大使館/字幕翻訳:菊地浩司/字幕監修:萩原健太
(c)Robbie Documentary Productions Inc. 2019
公式サイト:theband.ayapro.ne.jp
公式Facebook:@thebandmovie
公式Twitter:@TheBand_movie