若き日本人監督がウルグアイで取材 『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』4月公開

 ドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』が、4月よりシネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルが公開された。

 本作は、TV番組『Mr.サンデー』(フジテレビ系)での取材時に、第40代ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカの発言に魅せられた田部井一真監督が、何度もウルグアイに渡り取材を重ね、ムヒカの生き方や言葉に触れながら、ムヒカと日本の知られざる関係を紐解いていくドキュメンタリー。

 2010年から5年間、南米の小国・ウルグアイの大統領を務めたムヒカは、収入の大半を寄付、公邸に住むことを拒み、愛妻と愛犬と共に小さな農場で質素な暮らしを続けた。そんな姿から、ムヒカはいつしか“世界でいちばん貧しい大統領”と呼ばれるようになった。

 ムヒカの名を世に知らしめたのは、2012年にブラジル・リオデジャネイロで開かれた国連持続可能な開発会議での名スピーチ。先進国の大量消費社会を強く、しかし優しい口調で批判した彼の言葉はたくさんの言葉に翻訳され、世界中の多くの人々に影響を与え、日本では『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』(汐文社)という絵本にもなった。その後、呼びかけに応じたムヒカは2016年に初来日。彼が一番訪れたかった場所は、広島・原爆ドームだった。

 公開されたポスタービジュアルでは、ムヒカや牛と犬たちのイラスト、ムヒカの写真とともに「人生で一番大事なことは、成功することじゃない。歩むことだ」というムヒカの言葉が添えられている。

■公開情報
『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』
4月より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
監督:田部井一真
出演:ホセ・ムヒカ、ルシア・トポランスキー
企画・プロデュース:濱潤
プロデューサー:大島新、堀治樹
撮影:中島大樹
編集:大山幸樹
音楽:石崎野乃(「崎」は「たつさき」が正式表記)
配給:KADOKAWA
協力:『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』(汐文社)
製作:フジテレビ、ネツゲン、関西テレビ
2020年/日本/98分/カラー/ステレオ
(c)2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」製作委員会
公式サイト:jose-mujica.com
公式Twitter:@mujica_nihonn

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ