>  >  > 『キャッツ』メイキング映像

テイラー・スウィフトらが出演の喜びを語る 『キャッツ』メイキング映像公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年1月24日公開の映画『キャッツ』より、メイキング映像が公開された。

 本作は、1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔『キャッツ』を映画化するもの。白猫のヴィクトリアを、英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルダンサーを務めるフランチェスカ・ヘイワードが演じ、バストファージョーンズをジェームズ・コーデン、グリザベラをジェニファー・ハドソンがそれぞれ演じる。

 また、テイラー・スウィフトもボンバルリーナ役で出演するほか、オールドデュトロノミーをジュディ・デンチ、マキャヴィティをイドリス・エルバ、ガスをイアン・マッケラン、ジェニエニドッツをレベル・ウィルソンが演じる。監督を務めるのは、『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めるほか、『レ・ミゼラブル』のスタッフが再集結した。

『キャッツ』メイキング映像

 公開されたメイキング映像では、キャストたちがそれぞれ本作への期待を語っており、音楽やミュージカルとともに育った子供時代、念願の作品に出演する喜びを明かしている。「トム・フーパー監督だからこそ作れた。彼は『キャッツ』の見せ場を理解している」と語るのはコーデン。唯一無二の監督としてキャストから絶対的な信頼を得ているフーパーは、「贖罪と多様性の受容の大切さを説いている」と本作の真のメッセージを明かし、「超一流のアスリート集団を束ねてる気分だ」と、現場にみなぎる熱量を語っている。

■公開情報
『キャッツ』
2020年1月24日(金)全国ロードショー
監督:トム・フーパー
脚本:リー・ホール、トム・フーパー
製作総指揮:アンドリュー・ロイド=ウェバー、スティーヴン・スピルバーグ、アンジェラ・モリソン、ジョー・バーン
原作・原案:T.S.エリオット、アンドリュー・ロイド=ウェバー
出演:ジェームズ・コーデン、ジュディ・デンチ、ジェイソン・デルーロ、イドリス・エルバ、ジェニファー・ハドソン、イアン・マッケラン、テイラー・スウィフト、レベル・ウィルソン、フランチェスカ・ヘイワードほか
配給:東宝東和
(c)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
公式サイト:https://cats-movie.jp/

「テイラー・スウィフトらが出演の喜びを語る 『キャッツ』メイキング映像公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版