>  >  > 『シンク・オア・スイム』本編映像

スパルタ指導に必死に食らいつくおじさんたち 『シンク・オア・スイム』本編映像公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月12日公開のジル・ルルーシュ監督作『シンク・オア・スイム イチかバチが俺たちの夢』より、本編映像が公開された。

 本作は、サエないおじさんシンクロチームの人生リスタートをかけたヒューマンドラマ。ドキュメンタリーも放映されるなど話題を呼んだ、スウェーデンで実際に起きた実話を基に制作され、第44回セザール賞にて最多10部門にノミネートされた。

 2年前からうつ病を患い、会社を退職して引きこもりがちな生活を送っているベルトラン(マチュー・アマルリック)は、子供たちから軽蔑され、義姉夫婦からも嫌味を言われる日々をどうにかしたいと過ごしていた。地元の公営プールで「男子シンクロナイズド・スイミング」のメンバー募集を目にしたベルトランは、チーム入りを決意するが、そのメンバーは皆、家庭・仕事・将来になにかしらの不安を抱え、ミッドライフ・クライシス真っただ中のおじさん集団だった。

 『セラヴィ!』にも俳優として出演したルルーシュが監督を務め、『潜水服は蝶の夢を見る』などで知られるマチュー・アマルリックが主演を務める。

『シンク・オア・スイム イチかバチが俺たちの夢』本編映像

 この度公開された映像では、自分の娘ほどの年齢のコーチ、デルフィーヌに容赦なくしごかれるが、愚痴ひとつこぼさず必死に食らいつくおじさんたちの姿が捉えられている。前任のコーチが休暇に入ったため、代わりに入ってきたのは車椅子に乗った女性コーチ。その姿を見たティエリー(フィリップ・カトリーヌ)が気遣って車椅子を補助しようとするも、「誰が頼んだ?」と初対面でいきなり頬を平手打ちされ、「汚い手を引っ込めて戻れ」と怒鳴られしまう。いったい何が起こったか分からず呆然とその様子を見守るおじさんたちだったが、その後も何かを発言するたびになぜか殴られる……という壮絶なスパルタ指導が始まった。寒中での屋外ランニングやでの演技指導、丸太を抱えたスクワットなど基礎をどんどん学んでいくおじさんたち。これまでの漠然とした水中練習とは違い、この基礎練習に彼らは意味を感じ始め、金メダルを目指した彼女のスパルタ指導に食らいついていく。

■公開情報
『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』
7月12日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかロードショー
監督:ジル・ルルーシュ
脚本・脚⾊:ジル・ルルーシュ、アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ
出演:マチュー・アマルリック、ギョーム・カネ、ブノワ・ポールヴールド、ジャン=ユーグ・アングラード
配給:キノフィルムズ/⽊下グループ
2018/フランス/スコープサイズ/122 分/カラー/フランス語/DCP/5.1ch/⽇本語字幕:加藤リツ⼦/原題:Le grand bain/英題:Sink or Swim/PG-12
(c)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Production
公式サイト:http://sinkorswim.jp/

「スパルタ指導に必死に食らいつくおじさんたち 『シンク・オア・スイム』本編映像公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版