『春待つ僕ら』北村匠海、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友が土屋太鳳を絶賛

『春待つ僕ら』北村匠海、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友が土屋太鳳を絶賛

 12月14日公開の映画『春待つ僕ら』で主演を努めた土屋太鳳について、共演した俳優陣がその印象を明かした。

 土屋太鳳×北村匠海×小関裕太というフレッシュなキャストが集結し、『ROOKIES-卒業-』の監督と、『君の膵臓をたべたい』のプロデューサーが強力タッグを組んだ本作。ずっと周囲に溶け込めずにひとりぼっちだった美月は、高校入学を機に“脱ぼっち”を目指すが、何をやっても空回り。落ち込む美月のバイト先に、バスケ部男子4人が突然やって来て、美月の日常が振り回され始める。

 そんな主人公・美月を演じる土屋との撮影を前に、バスケ部男子の恭介を演じた磯村勇斗は、「土屋さんは、真っ白な純白のオーラに包まれた“天使”のような存在だといろんな方から聞いているので、撮影が楽しみです」と周囲からの評判を明かし、共演に期待を膨らませていた。その評判は磯村の周囲だけでなく、「“仏”だ、“女神”だと土屋さんに対する“凄まじい”評判を聞いていました。誰に聞いても“スゴイ!”って言うので、一緒に作品を作れるのは楽しみです」とバスケ部男子の瑠衣を演じた稲葉友も、共演を心待ちにしていたという。

 バスケ部男子の竜二を演じた杉野遥亮は、「太鳳ちゃんが中心にいるとみんなのパワーが集中する、太陽みたいな人。支えたいって気持ちになります」と土屋の人格を絶賛。土屋との共演は8年ぶりとなるバスケ部男子の永久を演じた北村は、「美月という役はとにかく真っすぐで、悩んだり、いろんなことにぶつかったりするけど、それに対して逃げずに真っすぐ進んでいくのが魅力です。そんな美月を演じる太鳳ちゃんは本当にぴったりだったし、何度も太鳳ちゃんのことを美月だな~と感じることがありました」と絶賛の声が止まない。

 春名慶プロデューサーもまた、北村同様に「 “ひたむき”、 “一生懸命”、“愚直”、“真っすぐ”という土屋さんの性格が、美月にぴったりとハマっている。美月は、バスケ部の一員でも、マネージャーでもないけど、自分事としてバスケ部の4人と関わっていける」と、評判通りの素直さを持つ土屋が演じるからこそ、他者に共感できる美月に説得力を持たせることができると明かした。

■公開情報
『春待つ僕ら』
12月14日(金)全国ロードショー
出演:土屋太鳳、北村匠海、小関裕太、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友、泉里香、佐生雪、緒川たまき
監督:平川雄一朗
脚本:おかざきさとこ
音楽:高見優
原作:あなしん
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)あなしん/講談社 (c)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会
公式サイト:harumatsumovie.jp
公式Twitter:@harumatsumovie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる