>  >  >  神宮寺勇太、赤目刻弥役場面写真

King & Prince 神宮寺勇太、物語の鍵を握る赤目刻弥に 『うちの執事が言うことには』場面写真

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年公開の映画『うちの執事が言うことには』より、場面写真が公開された。

 本作は、2014年3月に角川文庫にて刊行され、2015年11月からはコミックス化、さらには2017年3月から新シリーズ『うちの執事に願ったならば』も刊行されている人気シリーズを実写映画化したミステリードラマ。まだまだ未熟な若き当主と、仏頂面の新米執事、気が合わないどころか“一発触発”の不本意コンビが、名門・烏丸家にふりかかる難事件に挑む。

 主人公の名門・烏丸家第27代当主、烏丸花穎を演じるのは、King & Princeの永瀬廉。本作が映画初主演となる。花穎の新執事・衣更月蒼馬役には、『PRINCE OF LEGEND』の清原翔。そして、物語の鍵を握るミステリアスなキャラクター、大学生でありながら企業家、パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー、 赤目刻弥を永瀬と同じくKing & Prince の神宮寺勇太が演じる。

 このたび公開された場面写真は神宮寺演じる赤目刻弥のワンシーン。赤い前髪を上げ、普段の神宮寺とはひと味違う大人っぽい雰囲気を感じさせる一枚となっている。

■公開情報
『うちの執事が言うことには』
2019年全国ロードショー
出演:永瀬廉(King & Prince)、清原翔、神宮寺勇太(King & Prince)
原作:高里椎奈『うちの執事が言うことには』(角川文庫刊)
監督:久万真路
脚本:青島武
配給:東映
(c)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会
公式サイト:uchinoshitsuji.com

「King & Prince 神宮寺勇太、物語の鍵を握る赤目刻弥に 『うちの執事が言うことには』場面写真」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版