>  >  > 『MerryChristmas!』本予告

市村正親、小野大輔、坂本真綾の声芝居も 『Merry Christmas!』本予告&ポスター

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月30日公開の映画『Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~』より、本予告とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、1843年に出版され、これまでに幾度も映像化、舞台化された英文学の傑作『クリスマス・キャロル』が生まれる過程を描いたファンタジー。物語がいかにして誕生したのか、その創作過程とディケンズの心の旅を、お馴染みのキャラクター・スクルージとの出会いを交えながら、ユニークかつファンタジーたっぷりに描く。

 新作の執筆に挑む若き日のチャールズ・ディケンズを演じるのは、ディズニー映画『美女と野獣』で脚光を浴び、ドラマ『ダウントン・アビー』『レギオン』などに出演するダン・スティーヴンス。彼の前に分身のように現われてインスピレーションを与えるスクルージを、『人生はビギナーズ』のオスカー俳優、クリストファー・プラマーが造形した。息子の名声に頼ってばかりいるが、どこか憎めないチャールズの父を『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでもおなじみのジョナサン・プライスが演じている。

 日本語吹替版には、これまでに舞台版『クリスマス・キャロル』で5度もスクルージを
演じてきた、市村正親と声優界を代表する存在である小野大輔&坂本真綾が起用された。

 キャラクターが勢揃いした本ビジュアルでは、『クリスマス・キャロル』の主人公、スクルージの不愛想な顔と、そんな彼を作り上げるチャールズ・ディケンズの姿が描かれている。

『Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~』予告編

 また日本版予告では、ディケンズとスクルージに扮した小野大輔と市村正親の声が初披露。それぞれキャラクターの雰囲気にあった声を作り上げた。さらに、字幕版では文字だけで表現されていた説明も、吹替版では分かりやすいナレーションに変更され、市村はそのナレーター役としても声の出演を果たしている。

■公開情報
『Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~』
11月30日(金)、新宿バルト9ほか全国ロードショー
監督:バハラット・ナルルーリ
出演:ダン・ティーヴンス 、クリストファー・プラマー、ジョナサン・プライス
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
2017年/アメリカ/104分/カラー/2.35:1/原題:The Man Who Invented Christmas
(c)BAH HUMBUG FILMS INC & PARRALLEL FILMS (TMWIC) LTD 2017
公式サイト:https://merrychristmas-movie.jp/

「市村正親、小野大輔、坂本真綾の声芝居も 『Merry Christmas!』本予告&ポスター」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版