佐藤玲×萩原利久『高崎グラフィティ。』対談 「分かっていて青春を送る人なんていない」

佐藤玲×萩原利久『高崎グラフィティ。』対談 「分かっていて青春を送る人なんていない」

 群馬県・高崎市を舞台に、高校を卒業し新生活を控える5人の男女を描いた青春群像劇『高崎グラフィティ。』が、8月25日より公開された。第1回「未完成映画予告編大賞」でグランプリを受賞した予告編をもとに長編化された本作は、メガホンを取った川島直人監督にとって長編映画デビュー作となる。

 リアルサウンド映画部では、発起人として監督とともに企画段階から本作に携わってきた主演の佐藤玲と、共演の萩原利久にインタビューを実施した。グランプリに応募後から本作公開までの経緯や、若い世代が集結した現場で感じた熱量について語ってくれた。

佐藤「映画を作ろうと声を掛けました」


ーーこの作品は、佐藤玲さんが川島直人監督へ送ったTwitterのダイレクトメッセージからスタートしたそうですね。

佐藤玲(以下、佐藤):川島監督とカメラマンの武井(俊幸)くんが、私が通っていた日芸(日本大学芸術学部)の同級生だったんです。在学中は違う学科だったので知り合いではなかったんですけど、卒業するにあたって、これから先頑張っていきたいなと思い、映画を作ろうと声を掛けました。2カ月に1回くらいお茶しながら打ち合わせをしたり、どういう作品にしたいのか話したりすることはありましたが、なかなかタイミングがなく、どうしようかなと1年半くらいが経過したあたりで、川島くんが「未完成映画予告編大賞」のポスターを見つけてきてくれて。

ーー実際に作品になることが決定したときはどんな気持ちでしたか?

佐藤:応募作品の中には本当に面白い作品がたくさんあったので、ダメだろうなと思いながら「グランプリを取れなくても作りたいね」とは話していたのですが、まさか本当にグランプリをいただけるとは思っていませんでした。初めは全く実感が湧かなかったんですけど、制作の打ち合わせでスタッフの方々と会い始めたり、オーディションが始まったりして、徐々に現実味を帯びていきました。

ーー3年前、大学生の頃に話していたことが映画として完成し、ついに劇場で上映されるということですね。

佐藤:映画を作ること自体はできると思うんです。ただ、どんな状況で、どんな環境でやらせていただけるかによって、たくさんの人に観ていただけるかが決まると思っていて。今回は、オーディションを開いて、みなさんに来ていただけるような作品になったことがすごく嬉しかったんです。オーディションに来てくださった俳優さんたちは、今回ご一緒しなかった方々も本当に良い役者さんにばかりで、ひとつの役に候補者がたくさん上がるほど、皆さん本当に素晴らしかった。同世代の役者さんで頑張っている人たちと触れ合えたこともすごく勉強になりましたし、糧になりました。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ