松岡昌宏、戸田恵梨香主演『大恋愛~僕を忘れる君と』で精神科医役に 「見応えのある作品になる」

 10月スタートのTBS金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』に、松岡昌宏、草刈民代、富澤たけし(サンドウィッチマン)、杉野遥亮、黒川智花、夏樹陽子が出演することが決定した。

松岡昌宏

 本作は、若年性アルツハイマーに侵されてしまった女医と、彼女を明るくけなげに支え続ける元小説家の男の、10年にわたる愛の奇跡を描く純愛ラブストーリー。主人公の北澤尚役を戸田恵梨香、尚の恋人・間宮真司役をムロツヨシが演じ、“ラブストーリーの名手”と称される大石静が脚本を務めることが既に発表されていた。

 松岡が演じるのは、尚の婚約者で、アルツハイマー病の最先端研究に邁進するエリート精神科医の井原侑市。結婚式を目前に突然婚約破棄されてしまうが、病と闘う尚の主治医となり、再び尚に惹かれていく。草刈は、尚の母で産婦人科医である北澤薫を演じる。夫を早くに亡くし、女手ひとつで育てた尚を懸命に守ろうとする役柄である。

 さらに、真司が働く引越し会社の先輩で、真司と尚の恋を陰ながら応援する木村明男役にお笑いコンビ・サンドウィッチマンの富澤、真司と木村を慕っている引越し会社の若手スタッフ・小川翔太役にTBS連続ドラマ初出演の杉野、「KITAレディースクリニック」の受付で働く尚の親友・沢田柚香役に黒川、侑市の母親・井原千賀子役に夏樹が名を連ねた。

コメント一覧

松岡昌宏

今回初めて、精神科医を演じさせて頂きます。現在、医療業界においてアルツハイマーの治療の研究が進められている中、自分の中でも気になっていた部分が多々あり、そこはリアルに、そのまま自分が研究している医者として表現できればと思います。今、役の勉強をさせて頂いてる最中で、どういう形で役にアプローチできるか考えているところです。戸田さん、ムロさんとは初共演になります。見応えのある作品になることは間違いないので、みなさん是非ご覧になってください。よろしくお願いいたします。

草刈民代

若年性アルツハイマーという病気になってしまった尚を、周りの人々はどうやって支え、関わっていくのか。尚を軸にして展開されるストーリーで描かれるのは、様々な関係性のなかで生まれる葛藤や、そのなかで育まれる愛なのだと思います。過酷な病気を背負ってしまった娘を支える母親として、薫は何を見出していくのでしょうか? 人はいくつになっても成長を強いられるものなのかもしれません。薫を通して、私自身も成長できればと思っています。よろしくお願いいたします。

富澤たけし

ドラマのオファーを聞いて、他にも役者さん、演技のできる芸人さんも数多くいる中、まず、私でいいのかなと思いました。ストーリーはシンプルながら、複雑な部分もあるので、ドラマの雰囲気を壊さないよう、なるべくNGを出さないように頑張ってセリフを覚えます。先輩役はネタでもあまりやらないので、今はどう演じればいいのか悩んでいますし、少し怯えてもいます。頑張ります。

杉野遥亮

人を愛する切なさを問いかけるヒューマンドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』において、明るく癒しの瞬間を皆さまに届けられるような小川翔太でありたいと思います。よろしくお願いいたします。

プロデューサー・宮崎真佐子

松岡さん演じる井原侑市は、いつもクールで感情を表に出さない、さらには婚約者にふられてしまう役どころです。盛り上げ上手で熱い男という普段の松岡さんのイメージとは真逆の役だと思うので、演じて頂くのが今からとても楽しみです。草刈さん演じる北澤薫は、医師として母として、一人の女性として、強くて凛々しい女性です。この役はいつも凛とした立ち姿が美しい草刈さんしかいないと思いお願いしました。さらにムロさん演じる真司の職場の同僚に富澤たけしさんと杉野遥亮さん、戸田さん演じる尚の親友役に黒川智花さん、侑市の母を演じるのは夏樹陽子さんと、個性豊かな出演者の方々が尚と真司の大恋愛を盛り上げます。
もしも、自分の恋人が、家族が、友達が、アルツハイマーになってしまったら、その時どう感じ、どうやってその人を支えていくのか。その大きな壁にぶち当たった時、登場人物皆が悩みながらも、生きる術を見つけていきます。尚と真司のラブストーリーと共に、周囲の人間ドラマにもぜひご注目ください!

草刈民代
(左から)富澤たけし、杉野遥亮、黒川智花、夏樹陽子

■放送情報
金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』
TBS系にて、10月スタート 毎週金曜22:00~22:54
脚本:大石静
プロデューサー:宮崎真佐子、佐藤敦司
演出:金子文紀
出演:戸田恵梨香、ムロツヨシ、松岡昌宏、草刈民代、富澤たけし(サンドウィッチマン)、杉野遥亮、黒川智花、夏樹陽子ほか
製作:ドリマックス・テレビジョン、TBS
(c)TBS
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/dairenai_tbs/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ