橋本愛主演映画『ここは退屈迎えに来て』本予告公開 フジファブリックが主題歌&劇伴担当

 橋本愛主演映画『ここは退屈迎えに来て』の本予告とポスタービジュアルが公開され、主題歌および劇伴をフジファブリックが担当することが決定した。

 作家・山内マリコの同名小説を映画化する本作は、何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく地元に戻り、高校生の頃の憧れ“椎名くん”に思いを馳せる27歳の“私”と、元彼“椎名”を忘れられない“あたし”が、椎名を求める心模様を描いた物語。主人公“私”を橋本愛、“あたし”を門脇麦、“椎名”を成田凌が演じ、廣木隆一が監督を務める。そのほか、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳が出演する。

 公開された予告編では、夢をあきらめて地元に帰った“私”や、元カレをあきらめられない“あたし”の、かつてキラキラしていた青春の終わりへの捨てきれない憧れや切なさが描かれている。また、フジファブリックの書き下ろし主題歌「Water Lily Flower」がBGMとして使用されている。

『ここは退屈迎えに来て』本予告

 あわせて公開されたポスタービジュアルには、橋本、門脇、成田の3人の表情が切り取られている。

フジファブリック・山内総一郎 コメント

国道、ファミレス、ゲーセン。舞台は僕が生まれ過ごした場所ではないのに、スクリーンには知っているような故郷の風景が広がっていました。一人一人の心の揺れや移り変わりと音楽をマッチングさせたいと思いましたし、フジファブリックとして様々な場面でこの作品に加われたことを誇りに思います。劇場で観れる日が待ち遠しいです!

■公開情報
『ここは退屈迎えに来て』
10月19日(金) 全国公開
出演:橋本愛、門脇麦、成田凌、渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、亀田侑樹、瀧内公美、片山友希、木崎絹子、マキタスポーツ、村上淳
監督:廣木隆一
脚本:櫻井智也
原作:山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』(幻冬舎文庫)
配給:KADOKAWA
(c)2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会
公式サイト:taikutsu.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる