エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督が観客への思い語る 『セラヴィ!』特別映像

エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督が観客への思い語る 『セラヴィ!』特別映像

 7月6日に公開されるフランス映画『セラヴィ!』の特別映像が公開された。

 本作は、『最強のふたり』のエリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督が手がけたヒューマンコメディ。ベテランウェディングプランナーの主人公が手がける17世紀の城を舞台にした豪華絢爛な結婚式を通じて、さまざまな人々が巻き起こす1日を描き出す。ジャン=ピエール・バクリ、ジャン=ポール・ルーヴ、ジル・ルルーシュ、ヴァンサン・マケーニュ、アルバン・イワノフらフランスの名優たちがキャストに名を連ねた。

『セラヴィ!』特別映像<コメディ編>

 このたび公開された映像は、撮影の裏側を捉えたメイキング特別映像。勝気すぎる性格で方々に波風を立ててしまう主人公マックス(ジャン=ピエール・バクリ)のアシスタント・アデル(アイ・アイダラ)と、マイペースのカメラマン・ギイ(ジャン=ポール・ルーヴ)が撮影機材の置き場所を巡って口論になる場面や、不法就労の取り締まりを回避するために届け出をしていないスタッフを隠すよう挙手させるのにマックスが手の上げ方にまでケチを付ける場面など、本編シーンも映し出されている。

 エリック・トレダノ監督が「個々のキャラクターの立場を描きたいと思った」と語るように、映画では多くの人々が集まり生まれる様々な相違を、あくまでもコミカルに見せていく。オリヴィエ・ナカシュ監督は「ここに出てくるような人々と時間をともにしたことでリアリティや信憑性が生まれた」と語るが、ふたりは仕出し業など夜通し行われる仕事の現場をいくつも取材し、夜が明ける頃にようやく見え隠れする彼らの“本音”を引き出すために根気よくリサーチしたという。ナカシュ監督は「観客にとにかく大笑いしてほしかった」、トレダノ監督は「“いい時間を過ごした”と言ってもらえたらこんなに幸せなことはない」と語っている。

■公開情報
『セラヴィ!』
7月6日(金)渋谷・シネクイントほか全国公開
監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
出演:ジャン=ピエール・バクリ、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ、ヴァンサン・マケーニュ
配給:パルコ
2017年/フランス/117分/原題:『Le Sens de la fete』/英題:『C’EST LA VIE!』
(c)2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE
(c)Bernard RIE Photographies
公式サイト:cestlavie-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ