中川大志、恋愛経験ゼロの“究極ヘタレ男子”に 『覚悟はいいかそこの女子。』実写映画化決定

 椎葉ナナ原作コミック『覚悟はいいかそこの女子。』が、中川大志主演で実写映画化され、10月12日に全国公開されることが決定した。

古谷斗和役の中川大志 (c)2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会

 『マーガレット』2014年5号~16号に掲載された同名コミックの実写映画化作品となる本作の主人公は、幼い頃から女子に囲まれてきたイケメンの“愛され男子”古谷斗和。自分はモテると思い込んでいた斗和だが、実は付き合った経験ゼロの非リア充。ある日、彼女ができた同級生から「所詮、お前は観賞用男子だ!」と言われた斗和は、「(イケメンのオレが)彼女を作るなんてチョロい」と、高らかに「彼女作ります!!」宣言をする。狙うは学年一人気だが、幾人の男たちからの告白を断り続ける難攻不落のクールビューティー・三輪美苑。そんな美苑に自信満々に告白する斗和だったが、「安っぽい告白」と一瞬でフラれてしまう。まさかの展開に、現実を受け入れられない斗和は、とにかく躍起になって、再三アプローチを続けるが、撃沈の連続。しかし、そんなアプローチを続ける日々の中で、次第に斗和は美苑の優しさや人柄に触れ、本気で彼女を好きになり始める。そんなとき、彼女の視線の先に美術教師・柾木隆次いることに気付くのだった。

『覚悟はいいかそこの女子。』原作書影 (c)椎葉ナナ/集英社

 “超絶イケメン”だが、観賞用男子と野次られ、勢いで学年一の美女に告白するもあえなく撃沈し、その現実が受け入れられず、幾度となくアタックする“究極ヘタレ男子”の主人公・古谷斗和役で、昨年映画『きょうのキラ君』や『ReLIFE リライフ』で主演を務め、現在はTBS系の連続ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』に出演している中川が主演を務める。中川とはドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』(MBS・TBS)でタッグを組んだ井口昇が監督を務める。

 中川は「今回の主人公のように、ヘタレな役柄は前から演じてみたかった」とコメント。撮影現場でもヘタレを表現するため、腰が引けているときの足の角度を井口監督と話し合ったり、不良に絡まれ引きずられるシーンでは、衣装が破ける程の引きずられっぷりを見せるなど、“究極のヘタレ男子”役に挑んでいる。

 そんな中川について、木村元子プロデューサーは「昨年『きょうのキラ君』という映画でご一緒しました。イメージ通り演技の時にはものすごくイケメンでとにかく真面目な俳優さん。しかし、一つ大きく予測と違ったのが“ヘタレ”な部分です(笑)。仕事を離れたときにイケメンなことを本人が全く意識していないヘタレっぷりが面白くて、この役をオファーすることになりました。」とキャスティング理由を明かしている。

中川大志(古谷斗和役)コメント

古谷斗和という役柄を演じる上で、気をつけていた点は?

まっすぐさ、ピュアさ、ヘタレさが良い塩梅で出せるように意識しました。

ヘタレな演技をする上で大変だったこと、自身のヘタレエピソード

斗和をどこまで崩して良いものなのか、そこのさじ加減が難しかったです。僕はやり過ぎがちなんですが、そこは少女漫画の男の子なので…。僕自身も、虫も、高い所も、お化けも、全部嫌い。怖いものが多いヘタレです。

自身が女の子にフラれた経験は? 好きな子には何度もアプローチできるか?

一度フラれても、好きな気持ちが無くならない限りは、諦めないと思います。

高校を卒業して約2年、制服での演技について

今回はドラマ、映画通して、斗和のキャラクターが出るように、何パターンもの制服の着こなしをしたので、楽しかったです。

10代最後の主演映画の撮影に、どんな気持ちで臨んだか

今までと特別変わりはありませんが、10代のエネルギーだったり、キャラクターとの実年齢が近い分表現出来る、等身大の部分を大事に演じました。

10代のうちにやっておきたいことや、20歳を迎える上での目標

20歳になったら、より一層、大人として、1人の人間として自分がどう生きて、どう進んで行きたいのかを自分の中で明確にして、責任を持っていろんなことに取り組んでいきたいです。

■公開情報
『覚悟はいいかそこの女子。』
10月12日(金)全国公開
主演:中川大志 
原作:椎葉ナナ『覚悟はいいかそこの女子。』(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:井口昇
脚本:李正姫
配給:東映
(c)椎葉ナナ/集英社 (c)2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる