>  >  > 『ボストン ストロング』公開決定

ボストンマラソン爆弾テロ事件が題材 J・ギレンホール主演『ボストン ストロング』5月公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ノクターナル・アニマルズ』『ナイトクローラー』のジェイク・ギレンホール主演映画『Stronger(原題)』が、『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』の邦題で5月11日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて公開されることが決まった。

 本作は、2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件の被害に遭った、ジェフ・ボーマンの実話を映画化した人間ドラマ。ボストンに暮らすジェフ・ボーマンは元彼女のエリンの愛情を取り戻すため、彼女が出場するマラソン会場に応援に駆け付けるが、ゴール地点付近で爆弾テロが発生。巻き込まれたボーマンは爆発で両足を失ってしまう。意識を取り戻したボーマンは爆弾テロリストを特定するために警察に協力。ボーマンの証言を基に犯人が特定されると、ボーマンは一躍、“ボストンのヒーロー”として世間の脚光を浴びるが、彼自身の再生への戦いはまだ始まったばかりだった。

 ボーマンと映画の製作前から密にコミュニケーションを取り役作りを行ったというギレンホールがボーマンに扮し、『黄金のアデーレ 名画の帰還』のタチアナ・マスラニーがボーマンを支える女性・エリンを演じる。なお、ギレンホールは本作でプロデューサーも務めている。そのほか、『ダメージ』のミランダ・リチャードソンや『ショーシャークの空に』のクランシー・ブラウンが共演。『スモーキング・ハイ』『グランド・ジョー』のデヴィッド・ゴードン・グリーンが監督を務めた。

■公開情報
『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』
5月11日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
出演:ジェイク・ギレンホール、タチアナ・マスラニー、ミランダ・リチャードソン、クランシー・ブラウン
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:ジョン・ポローノ
原作:ジェフ・ボーマン、ブレット・ウィッター著
配給:ポニーキャニオン
提供:ポニーキャニオン/カルチュア・パブリッシャーズ
映倫区分:PG-12
(c)2017 Stronger Film Holdings, LLC.  All Rights Reserved.  Motion Picture Artwork (c)2018 Lions Gate Entertainment Inc.  All Rights Reserved.
公式サイト:bostonstrong.jp

「ボストンマラソン爆弾テロ事件が題材 J・ギレンホール主演『ボストン ストロング』5月公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版