>  >  > ミシェル・ウィリアムズ インタビュー映像

ミシェル・ウィリアムズ、『グレイテスト・ショーマン』でのヒュー・ジャックマンとの共演を語る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月16日公開の映画『グレイテスト・ショーマン』より、チャリティ役を演じたミシェル・ウィリアムズのインタビュー映像が公開された。

 本作は、『レ・ミゼラブル』のヒュー・ジャックマンと『ラ・ラ・ランド』の製作チームがタッグを組んだミュージカル映画。19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築いた伝説の興行師、P・T・バーナムの姿を描く。

 今回公開された映像は、ウィリアムズのインタビューを収めたもの。アカデミー賞に過去4度ノミネートされ、ジェフ・ダニエルズと共演した舞台『Blackbird』で2016年のトニー賞主演女優賞にもノミネートされたウィリアムズは「子供の頃好きだった映画は、全てミュージカル映画だった。『雨に唄えば』や『サウンド・オブ・ミュージック』は100回以上観ているから魂に染みついている」とミュージカル映画への思いを吐露。

『グレイテスト・ショーマン』ミシェル・ウィリアムズインタビュー

 さらに、チャリティとバーナムの関係について「幼なじみの恋人同士だけど生まれた境遇は全く違うの。両親が引き離そうとしてもできなかった。お互いの良い時も悪い時も富める時も貧しい時も知っている。魂の伴侶なの」と駆け落ちするほど運命の2人であることを明かした。

 そんな2人が歌う「A Million Dreams」は、『ラ・ラ・ランド』に続き、アカデミー賞とゴールデングローブ賞のW受賞を2年連続で果たすという快挙へ王手をかけているベンジ・パセックとジャスティン・ポールが手掛けている。ウィリアムズは「ジャスティンがずっとピアノを弾いてくれてパートナーがついてくれているような感覚だった」と語り、この楽曲が歌われるシーンについては「ヒューと時間をかけてリハーサルしたわ。ヒューに抱えられて宙を飛ぶのはすごく楽しかった。仕事でこんな経験ができるなんて信じられないわ」とロマンティックな共演を振り返った。

 マイケル・グレイシー監督は「ミシェルとヒューが心を通じ合わせていることが伝わるし、彼女の不安や喜びも100%感じられる。彼女がバーナムと一緒に屋根の上にいて、彼が願いを叶えるマシーンを何もないところからつくり出すシーンでは、なぜ彼女がこの男を愛しているのか、その理由がよく分かる。ミシェルは表情一つでそんなことができてしまうんだ」とウィリアムズの演技を絶賛している。

■公開情報
『グレイテスト・ショーマン』
2月16日(金)全国ロードショー
監督:マイケル・グレイシー
音楽:ジャスティン・ポール&ベンジ・パセック
出演:ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤ
配給:20世紀フォックス映画
(c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/greatest-showman/

「ミシェル・ウィリアムズ、『グレイテスト・ショーマン』でのヒュー・ジャックマンとの共演を語る」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版