>  >  > 『危険な関係』デジタル・リマスター版予告編

約60年の時を経て4Kデジタル・リマスター版で蘇る 『危険な関係』予告編

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 約60年の時を経て4Kデジタル・リマスター版で3月24日より上映される『危険な関係』の予告編が公開された。

 本作は、恋愛心理の駆け引きを巧みに描写したフランスの作家コデルロス・ド・ラクロの同名小説を初めて映画化したもの。これまでにスティーヴン・フリアーズやミロシュ・フォアマンのほか、日本や韓国など世界中で映画化や舞台化されている。本作のメガホンを取ったロジェ・ヴァディム監督は、原作の18世紀フランス貴族社会を現代パリの上流社会に置き換え、退廃的な官能美をスタイリッシュなモノクローム映像で描いた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 音楽は、ピアノの最高峰セロニアス・モンク、当時人気を誇ったアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズなど、錚々たるミュージシャンによるモダン・ジャズナンバーが使用されている。本作が遺作となった名優ジェラール・フィリップをはじめ、昨年7月に逝去したジャンヌ・モロー、『男と女』のジャン=ルイ・トランティニャン、当時のヴァディム監督の妻アネット・ヴァディム、そして伝説的作家ボリス・ヴィアンが出演している。

『危険な関係』予告編

 このたび公開された予告編では、全編にモダン・ジャズが流れる中、クールでシニカルなバルモン(フィリップ)と、シャネルの衣装に身を包むジュリエット(モロー)が登場。誰もが羨む理想的な夫婦が、互いの情事の成果を報告し合う奇妙な夫婦関係を続ける様子が映し出されている。

■公開情報
『危険な関係』4Kデジタル・リマスター版
3月24日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMAにて公開
原作:コデルロス・ド・ラクロ『危険な関係』
音楽:セロニアス・モンク、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ
監督:ロジェ・ヴァディム
出演:ジェラール・フィリップ、ジャンヌ・モロー、アネット・ヴァディム、ジャン=ルイ・トランティニャン
(c)1960 – TF1 DROITS AUDIOVISUELS
公式サイト:http://www.cetera.co.jp/gp/

「約60年の時を経て4Kデジタル・リマスター版で蘇る 『危険な関係』予告編」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版