>  >  > 竹内涼真、減量を明かす

竹内涼真、『陸王』出演のために減量 「あんなに人に生脚を見せたことは初めて」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月23日に放送された『王様のブランチ』(TBS系)で、10月15日よりスタートする日曜劇場ドラマ『陸王』(TBS系)に出演の役所広司、山崎賢人、竹内涼真がインタビューに応じた。

 池井戸潤原作の『陸王』をドラマ化する本作。役所広司が演じる主人公、宮沢紘一が、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長として、会社の存続をかけてランニングシューズづくりという新規事業に挑んでいく企業再生ストーリーを描く。

 主演の役所は「もうね、身体中新品でしょ」と山崎、竹内を両手で指し、竹内は笑いながら「(新品と)初めて言われましたよ」と答えた。親子役で共演している役所と山崎。2人の初のカットは怒るシーンだったという。「ずっと最初の方は、怒られたり反抗しているんです」と答えた山崎は、クランクイン当日にケーキで誕生日を祝ってもらったことを報告。9月7日で23歳になった山崎は、「(演じる)大地と同じ歳になったので」とコメントし、ケーキの味を聞かれるとはにかみながら「甘かったです」と話すと、竹内が「(ケーキは)だいたい甘い」とツッコミを入れた。

 竹内が演じるのは、物語の鍵を握る陸上選手。自身も20歳まで東京ヴェルディユースでプロサッカー選手を目指すアスリートとして活躍していた経歴を持ち、役柄に共感する部分も多いという。「怪我をして契約しているスポンサーから切られたり。僕もスポーツやってたんで、そういう距離感も分かるし、(アスリートの現実を)リアルに描いていければなと思うんですけど」と竹内はコメント。また、今回の役柄は竹内がオーディションで勝ち取った配役でもある。オーディションに参加していたことが初耳だった役所は「これの!? 知らなかったね」と驚いた様子。監督の福澤克雄氏から痩せられるか聞かれた竹内は「はい。痩せます!」と答えた。竹内は2年前に『陸王』と同じチームで製作された『下町ロケット』(TBS系)にも、若手技術者役として出演。再び、このチームのドラマに参加するためにオーディションに挑戦していた。

      

「竹内涼真、『陸王』出演のために減量 「あんなに人に生脚を見せたことは初めて」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版