>  >  > 『ザ・マミー』本予告&本ポスター公開

トム・クルーズが走る、戦う、吹っ飛ばされる! 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』本予告映像

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月28日に公開されるトム・クルーズ主演映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』より、本ポスタービジュアルと本予告映像が公開された。

 本作は、1932年に発表された映画『ミイラ再生』をリブートした、ユニバーサル・スタジオが贈る一大プロジェクト「ダーク・ユニバース」の第1弾。中東の広大な砂漠から現在のロンドンに隠された地下迷宮を舞台に、古代エジプトの神話に封印された邪悪なる“王女”の復活を描く。主人公ニック・モートンをクルーズが演じるほか、『キングスマン』のソフィア・ブテラ、『アナベル 死霊館の人形』のアナベル・ウォーリス、『レ・ミゼラブル』のラッセル・クロウらがキャストに名を連ねる。

 公開された本ポスタービジュアルには、クルーズ扮するニックと、その背後でこちらを見つめる、ブテラ演じる王女アマネットの姿が捉えられている。

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』本予告映像

 一方の予告編では、謎の地下空洞で発見した巨大な棺を輸送中、想定外の事態により飛行機が墜落するも、何故か無傷で生き残ったニックが、ジキル博士から“王女の呪い“によって生かされたのだと告げられる様子や、5000年もの永い封印から解き放たれ、人類への復讐を目論む王女アマネットが世界を自らの王国にしようと街を破壊する様子などが収められている。映像の最後には、「モンスターを倒すには、モンスターだ」という言葉をきっかけに、瞳が4つへと変わっていくニックの姿も。

 ニックを演じたクルーズは、本作について「本作は迫力満点のアクション、心を揺さぶるスリル、そして恐怖に満ちている。キャラクターの個性が光っていて、物語は斬新な展開を見せるんだ。この様な映画にぴったりのダークなユーモアたっぷりの映画だよ」と語り、アレックス・カーツマン監督は、「映画ファンとしてトムの作品が長年好きな理由は、欠点の多いキャラクターを、ユーモラスに、そして共感できる人物として描く事ができるからだ」とクルーズの演技を絶賛している。

■公開情報
『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』
7月28日(金)、TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
監督:アレックス・カーツマン
プロデューサー:アレックス・カーツマン、クリス・モーガン、ショーン・ダニエル、サラ・ブラッドショウ

脚本:ジョン・スぺイツ、クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス、ジェイク・ジョンソン、コートニー・B・ヴァンス、ラッセル・クロウ
配給:東宝東和
(c)Universal Pictures

公式サイト:http://themummy.jp

「トム・クルーズが走る、戦う、吹っ飛ばされる! 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』本予告映像」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版