>  >  > ガレル最新作、ルイ・ガレルがナレーションに

フィリップ・ガレル監督最新作『パリ、恋人たちの影』、実子ルイ・ガレルがナレーターに

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィリップ・ガレル最新作『パリ、恋人たちの影』のナレーションを、監督の実子であるルイ・ガレルが務めることが発表された。

 本作は、『ギターはもう聞こえない』『恋人たちの失われた革命』『ジェラシー』などの作品を手がけてきたフィリップ・ガレルが、クロティルド・クローやスタニスラス・メラールをキャストに迎え制作したヒューマンドラマ。妻を持つドキュメンタリー作家のピエールが、若い研修員のエリザベットと出会ったことにより、男女の関係性が変化していく模様を描く。

 今回ナレーションを務めたルイ・ガレルは、日本では未公開の映画『これが私の肉体』でジェーン・バーキンと共演、2003年に名匠ベルナルド・ベルトルッチ監督作『ドリーマーズ』に出演し、国際的に注目を集めたフランスの若手俳優。主演作『恋人たちの失われた革命』にて、フランスのアカデミー賞とも呼ばれるセザール賞の有望若手男優賞に輝いた実績を持つ。

 映画のナレーションに初挑戦した本作では、主人公らが繰り広げる男と女の恋愛模様を俯瞰的に語っている。

 また、シアター・イメージフォーラム(東京)で、本作の公開に併せて開催される特集上映『Philipple Garrel RETROSPECTIVE2017』では、『失われた恋人たちの革命』、『愛の残像』、『灼熱の肌』、『ジェラシー』と、ルイ・ガレルの若き姿を収めた作品が上映される。

■公開情報
『パリ、恋人たちの影』
2017年1月21日、シアター・イメージフォーラムにて公開
監督:フィリッブ・ガレル
出演:クロティルド・クロー、スタニスラス・メラール
配給:ビターズ・エンド
2015年/フランス/73分
(c)2014 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS – CLOSE UP FILMS – ARTE FRANCE CINEMA

「フィリップ・ガレル監督最新作『パリ、恋人たちの影』、実子ルイ・ガレルがナレーターに」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版