>  >  > 杏、映画初主演作『オケ老人』で指揮者役に

杏、『オケ老人!』で映画初主演が決定 「人生の大先輩方のお力を借りて、頑張りたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20151009-okeroujin.jpg

 

 2016年公開の映画『オケ老人!』で、杏が映画初主演を務めることを発表した。

 『オケ老人!』は、『ちょんまげぷりん』などで知られる荒木源原作の同名小説を、『ぱいかじ南海作戦』の細川徹監督が映画化したもの。杏演じる高校の数学教師・小山千鶴が、間違えて入団してしまった老人だらけのアマチュア・オーケストラで、失敗を重ねながらも奮闘し、成長していく姿を描いた物語だ。

 上級アマチュア・オーケストラのバイオリン部という設定のため、杏は撮影に入る半年以上前からバイオリンの練習を始め、通常なら2~3年かかる演奏の基礎をわずか1ヶ月で覚えたという。『ごちそうさん』や『花咲舞が黙ってない』など、連続ドラマの主演は数多く務めてきた杏だが、映画の主演は本作が初となる。

主演・杏 コメント

楽器演奏に指揮に初チャレンジの多い作品ですが、愛すべきキャラクターが沢山いる原作です。本読みをしただけで笑いと涙が出てきました。初、主演という言葉は重いですが、人生の大先輩方のお力を借りて、頑張りたいと思います!

監督・細川徹 コメント

初稿を書いたのが、4年前。あれから回を重ねて、いくつもの偶然も重なり、時間をかけたからこそ生まれたアイデアもたくさんあり、4年かかったから、主役の杏さんをはじめ、最高のキャストが揃ったのだと、今、撮るべき映画だったんだなと思います。杏さんは様々な素敵な作品を拝見していましたが、実際、お会いしてみると、作品の魅力もさることながら、ご本人の魅力がすごく大きいんだと実感しました。そんな杏さんと仕事ができるのが最高に楽しみです。他のキャストの方々も衣装合わせやリハーサルから笑いが絶えません。おもしろくなる気しかしない最高のキャスティングです。そんなジャンルはないけど、老人音楽モノの最高峰となるでしょう。お楽しみにしてください!

原作・荒木源 コメント

オケ老人たちの音楽が本当に聞こえてきたら――。映画化を心待ちにしていました。可愛くてカッコいい最高のキャストを得て、素晴らしい作品になることを確信しています。

■公開情報
『オケ老人!』
2016年、全国ロードショー
原作:荒木源
監督:細川徹
主演:杏
配給:ファントム・フィルム

「杏、『オケ老人!』で映画初主演が決定 「人生の大先輩方のお力を借りて、頑張りたい」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版