>  >  > 『名もなき塀の中の王』監督がコメント

『名もなき塀の中の王』監督、暴力描写にコメント「目をそらさずに撮らなければ」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20151008-namonaki01.jpg

デヴィッド・マッケンジー監督

 10月10日(土)より公開となる『名もなき塀の中の王』で監督を務めたデヴィッド・マッケンジーのコメントが到着した。

 『名もなき塀の中の王』は、暴力に支配された刑務所を舞台に、愛を知らない暴力青年が初めて生きる希望を見つけていくさまを鋭利なリアリズムで描いた作品。『300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~』や『ベルファス 71』のジャック・オコンネルが主演を務めているほか、『ダークナイト・ライジング』のベン・メンデルソーン、『プライドと偏見』のルパート・フレンド、『悪の法則』のピーター・フェルディナンド、『スノー・ホワイト』のサム・スプルエルらが出演している。

 『猟人日記』や『パーフェクト・センス』で各国の映画祭などで高い評価を得たデヴィッド・マッケンジー監督は、「セットで撮影するよりも最初から真実に近づける撮影ができた」と、実在の刑務所で撮影できたことが大きなポイントだったと語る。その結果、インチキ臭く感じてしまうというフィクションを最小限に抑え、最大限のリアリズムに登場人物の流れを融合させることができたと言う。

 「暴力を賛美するようなことや、暴力をコミック的に描くということについて嫌悪していた」と、これまでの自身のフィルモグラフィーでは暴力描写が少なかったが、本作では多く描かれている点についても触れ、「血なまぐさい喧嘩をする毎日は、それが感情を排出する行為になってしまう。たとえそれが現実ではなくても、暴力はそこで意味を持ち、周囲の人々に影響を与えてしまう。ただ、本当に厳しい囚人生活から目をそらさずに撮らなければと思ったんだ」と振り返った。

■公開情報
『名もなき塀の中の王』
10月10日(土)よりK’s cinemaほかにて全国順次ロードショー
監督:デヴィッド・マッケンジー
脚本:ジョナサン・アッセル
出演:ジャック・オコンネル、ベン・メンデルソーン、ルパート・フレンド、ピーター・フェルディナンド、サム・スプルエル
2013年/イギリス/英語/カラー/シネスコ/ドルビー/106分/原題:Starred Up/字幕翻訳:寺尾次郎
配給:彩プロ/後援:ブリティッシュ・カウンシル
(c)STARRED UP FILMS LIMITED AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2013
公式サイト:www.heinonaka.ayapro.ne.jp

「『名もなき塀の中の王』監督、暴力描写にコメント「目をそらさずに撮らなければ」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版