『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』木村柾哉の判定は? トレーナー陣が絶賛したスターメンバーも現る

 サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』(GYAO!)の第2回が、4月15日に配信された。

 前回の続きとなるレベル分け評価から番組はスタート。まず登場したのは、BTSらが所属するHYBEの日本法人の元練習生ユニット、KTSだ。オーディション前から交流があり、支え合ってきた2人が披露したのはBTSの「Lights」。熱を込めたパフォーマンスを見せたが、トレーナー陣からの評価は厳しめで、2人ともDクラスという結果に終わった。

 続いて登場したのは、SEASON1で101人に残れなかったメンバーで結成された、リベンジャーズ。ダンス歴11年という古瀬直輝以外は、未経験のメンバーが集まっている。今回こそは、と気合を入れて披露したのは、SEASON1の課題曲「DOMINO」。古瀬はBクラスといい評価をもらっていたが、トレーナーのDA PUMP・KENZOは「(「DOMINO」は)絶対国民プロデューサーの皆さんだったり、皆さんを見ている方っていうのは、前回と比較しちゃうと思うんですよ。リベンジャーズって名前にするんだったら、自分たちがデビューするんだっていう、勝ち取るんだっていう気持ちでパフォーマンスしてもいいんじゃないかなって思いました」と、愛がありつつも厳しい言葉を送っていた。

 3番手で登場したのは注目のメンバーが集まっている、いきなりスマイル。「練習生が選ぶダンスが上手い練習生1位」の西洸人が振り付けをした、DA PUMP「U.S.A.」を披露した。表情や振りから観客を楽しませようとしているのがひしひしと伝わり、KENZO本人も思わず立ち上がって「めちゃくちゃ最高のパフォーマンスだったよ」、「ダンスのセンスあんな」と評価。結果西はA、テコエ勇聖はB、村松健太はCという評価になった。ここで、仲宗根梨乃トレーナーに「どうした?」と問われたテコエは心情を吐露し始める。負けたくないと思っていた西との評価に差があったことの悔しさ、松村をCクラスにできたことへの気持ちを言葉にし、涙を見せた。