King & Prince 岩橋玄樹、グループ脱退&ジャニーズ退所 「新しい道に進んでも僕はティアラの事が大好きです」

 King & Princeの岩橋玄樹が、3月31日をもってグループを脱退、ジャニーズ事務所を退所することが本日3月29日、ジャニーズ事務所の公式サイトで発表された。

King & Prince

 ジャニーズ事務所の公式サイトでは「弊社所属タレント岩橋玄樹(King & Prince)に関するご報告」と題した投稿にて「2021年3月31日をもちまして、King & Princeとしての活動を終えるとともに、ジャニーズ事務所を退所し、新たな道へと進みますことをご報告申し上げます」と報告。

 幼少期からパニック障害を患っていた岩橋。2018年のCDデビューで環境が大きく変化したことから症状が悪化し、治療のため2018年11月から活動休止していた。

 克服に向けた約2年5カ月に及ぶ期間を経て、最終的に岩橋自身が出した結論は「King & Princeとしての活動を終え、ジャニーズ事務所を退所し、新たな道を進む」というものだったという。「パニック障害を克服する難しさとタレントという職業においてかかるプレッシャーや緊張感の大きさを知っている岩橋が、今の自分の状態を踏まえて今後の人生を見つめ直し、辿り着いた結論」であり、「今回、岩橋より自分の言葉で申し出があり、その言葉から、岩橋がKing & Princeとファンの皆様を大切に思うからこその決断であることが伝わってまいりましたので、岩橋の意向を尊重することといたしました」とした。

 最後に岩橋自身もコメントを寄せ、応援するファンや関係者に長期間報告ができなかったことを謝罪。メンバーやファンをこれ以上待たせてしまうことをつらく感じてしまったと告白した。

 そして「そのような気持ちを抱えて過ごす中で、色々な葛藤がありましたが、とても勝手かもしれませんが、自分のなかでの一つのけじめとして、2021年3月31日をもちましてKing  & Princeからの脱退と、ジャニーズ事務所を退所させていただく事になりました」と報告。「いつも僕の居場所を守って、ずっと寄り添ってくれて、僕の決断を尊重してくれた、紫耀、廉、海人、岸くん、神宮寺には言い表せないくらいの感謝の思いでいっぱいです」「約11年間応援してくれて本当にありがとうございました。新しい道に進んでも僕はティアラの事が大好きです」とファン、メンバーに向けての感謝を綴り、「僕の生きる意味を教えてくれた、ジャニーさんにもたくさん感謝しております」と父のような存在でもあるジャニー喜多川氏への感謝、そして多くの先輩などジャニーズメンバーへの感謝も伝えた。

ジャニーズ事務所公式サイト