OWV、絶妙なバランス保つ歌唱力 「Roar」4人の役割から考察

OWV『Roar』

 「OWVの良さが詰まっている」。思わず、そうつぶやいてしまうのは、OWVの3rdシングル表題曲「Roar」だ。公式YouTubeチャンネルにはMV、Dance Performance Video、Relay Dance動画がすでに公開されており、クリエイティブコンセプトである「野公子」(“野生感”と“貴公子”を織り交ぜた造語)が存分に味わえる内容になっている。同曲は力強い振り、4人ならではの息の合ったフォーメーション展開など、ダンス推しの楽曲のように見える。だが、じっくり聴くと歌も魅力的で、世界観の表現に大きく寄与しているように感じる。前回の記事ではOWVのパフォーマンス力に注目したため、本稿ではOWVの歌唱力について注目してみたい。

OWV – 「Roar」Music Video

 OWVの4人は、それぞれ個性がある歌唱力を持っている。メインボーカルの浦野秀太は流石の歌唱力で、高音も美しく伸びがいい。メインラッパーの中川勝就は、一発で「中川のパート」とわかるような低音ラップが魅力的。本田康祐はやや低めかつ甘めな声質が活きており、佐野文哉は地の声が活きるやや高めの音域でいい味を出している。少し聴いただけでもそれぞれの特徴がわかるにも関わらず、バラバラにならずしっかりまとまっている。常々、全員が歌うグループはまとまりを出すのが難しいと感じている。誰か1人が飛び抜けて上手すぎても、誰かが引けをとってしまっても、その部分だけが目立ってしまうからだ。だが、その点においてOWVは絶妙なバランスを保っていると言えそうだ。全員で手を取り合いながら、着実に成長してきた結果であろう。

 「Roar」の歌において、メンバーたちはどんな役割を担っているのだろうか。まず、Aメロ出だしの中川。得意の低音ラップからスタートし、一気に楽曲の世界観を作り上げている。その後も、要所でOWVの楽曲の核になるようなラップを披露。かと思えば、Bメロでは歌も担当。低音ラップからは想像できない高音を出しており、歌も歌えるマルチな才能を見せている。中川のスキルの幅広さを、再認識したリスナーもいるのではないだろうか。

 出だしの低音ラップの後、対比となるようなウィスパーな歌声を披露しているのは浦野。Bメロではきっちり歌い上げ、磨いてきた歌唱力を見せつけている。特に言及したいのが、サビ前やブリッジ部分のロングトーン。高めのロングトーンかつ、こういったアグレッシブな楽曲の場合、雄叫びのように歌うケースが少なくない。特に「Roar」というタイトルを考えると、もっと張り上げるように声を出すスタイルになりそうだ。だが、浦野の場合はどことなく上品さすらあり、「野公子」の「貴公子」の部分が表れている。声量はあるが、楽曲から飛び出しすぎていないため、全体のまとまりにもつながっているのだ。