SixTONES、『金スマ』出演に反響 バラエティの先輩 中居正広から厳しい洗礼を受ける

 昨年11月にSnow Manがゲストとして出演した『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)は、大反響を巻き起こした回だった。中居正広からの質問にメンバーがスマホを使って回答していく「一斉調査」では、オンエアの尺の都合上“泥を被る”おぞましい演出で大胆にエピソードトークをカット。さらに向井康二を中心に、「中居 VS Snow Man」の図式が完成。中居がバラエティの厳しい洗礼を浴びせる貴重な放送となった。

SixTONES

 オンエアから3カ月が経ち、昨年Snow Manと同時にCDデビューを果たしたSixTONESが『金スマ』に登場。「中居 VS SixTONES」の構図で、再び「一斉調査」による中居のバラエティ塾が開講された。

 トークが空回りする森本慎太郎、中居のモノマネで一番声が出る松村北斗と一人ひとりがいじられていく中、新たな形で人間性が試されたのが田中樹だった。「尊敬している先輩は?」の質問に「中居正広さん」と答えた田中。SixTONESのまとめ役である田中は「ゆくゆくは中居さんみたいにバラエティでやっていきたい」と中居の姿を参考にしてきた。「僕からしたら中居さんがスター」という言葉にご満悦な様子の中居。しかし、“正解”を確かめるVTRとして出されたのが、別の番組の打ち合わせとして聞き出された隠し撮りの様子だ。

 そこで田中は日本全体で「50位には入ってそう」とモテると自負するが、中居に対しては「250位くらい。パッとしたイメージはおモテにはなられてないのかなというイメージはあります」と本音を吐露する。VTRを見た中居はいつもの無の表情に。「すごく尊敬はしてるんですけど、テレビとかよく見ると女心が分かってなかったりするので……」と必死に説明をするが、その言葉が中居をさらに逆上させ、「お前、俺の何を知ってんだ? バカかお前! 国民的プレイボーイだぞ!」とテレビ初出しの言葉でカメラに向かってアピールした。

 さらに中居は一つ上の249位を田中から聞き出す。その回答として「二階堂くん」とKis-My-Ft2の二階堂高嗣の名を挙げるが、中居の反応は渋い。バラエティとしての正解ではなかったからだ。中居が例に挙げたのは「鈴木福」。「そういうのを勉強したほうがいい」とバラエティで活躍する先輩として洗礼を浴びせた。