アニメ『KING OF PRISM』はなぜブームを巻き起こしたのか ベストアルバム発売を機に考える、奇抜な演出のインパクト

〈みなさんは覚えていますか? 初めてプリズムショーに会ったときのことを……〉

『KING OF PRISM Music Ready Sparking!』

 世界は、このセリフを知っている人と、このセリフが気になる人の2種類に分かれている。アニメ『KING OF PRISM(以下、キンプリ)』シリーズで、主人公の一条シンは私たちにこう尋ねた。プリズムショーとは一体何なのか。日本中、そして世界にまでブームを巻き起こした『キンプリ』のすごさとは。2021年1月9日にシリーズ誕生5周年を迎えベストアルバム『KING OF PRISM BEST ALBUM “Music Goes On!”』が発売されることを機に、改めて“キンプリ”を振り返ってみることにしよう。

口コミで広まった1作目『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』

 そもそも『キンプリ』の発端となった作品は、2013年にテレビ放送されたTVアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』である。歌とダンス、オシャレ、そしてフィギュアスケートのジャンプのような“プリズムジャンプ”をミックスした架空のステージ“プリズムショー”を通じて、彼ら“プリズムスタァ”たちが成長していくシリーズだ。女子のプリズムスタァがメインの『…レインボーライブ』に、男子プリズムスタァとして登場していたのが、神浜コウジ、速水ヒロ、仁科カヅキの3人=Over The Rainbow。当時はサブキャラクターだった彼らを主人公に作られたスピンオフ作品が、2016年1月9日公開の劇場アニメ『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』だったのである。

 『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』はOver The Rainbowの物語であると同時に、新キャラクターである一条シンの物語でもある。Over The Rainbowのプリズムショーを初めて見たにもかかわらず、一瞬でハートをつかまれてしまった一条シン。プリズムスタァを育成するエーデルローズに入学し、同じように夢を目指す仲間たちと共にプリズムショーの特訓を重ねていく。

Over The Rainbow「athletic core」

 子ども向けアニメのスピンオフであり、小規模な上映からスタートした『キンプリ』の第1作が、なぜ口コミで大人たちに広まっていったのか。まずは何と言っても、プリズムショーの奇抜な演出のインパクトだろう。フィギュアのような連続ジャンプを行うと同時に、

〈胸キュン体験〜キュン×3!〉

〈無限ハグ……with love(ハート)〉

 など、こちらが恥ずかしくなってしまうようなセリフを、コウジたちプリズムスタァたちがうっとりした表情でこちらに向けてくるのだから、照れている方がもったいないというものなのである。そうするうちに観客は自然と、『キンプリ』の世界に染まっていく。

 またこの作品は、鑑賞中に発声できる「応援上映」を広めた草分け的な作品でもある。Over The Rainbowと甘い会話ができるデートシーンが用意され、観客たちはアフレコのように彼らのガールフレンドとしてセリフを叫んだ。男性ファンも多い『キンプリ』だが、劇場では男性たちも楽しそうにこのセリフを言っている様子があちこちで見られた。

「ドラマチックLOVE」