>  >  > 中居正広は“マジでカッコイイ芸能人”?

中居正広、おぎやはぎ矢作から“マジでカッコイイと思った男性芸能人”に選ばれる 「嬉しくないよ!」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中居正広が、MCを務めるトークバラエティ『ナカイの窓』(日本テレビ系)。10月3日放送回では、ゲストにバカリズム、矢作兼(おぎやはぎ)、山崎弘也(アンタッチャブル)、若槻千夏を迎え、「番付の窓 第2弾」の模様がオンエアされた。

 この企画は、様々なテーマを元に、番組オリジナルのベスト3を決定するというもの。まずは「マジでカッコイイと思った男性芸能人ベスト3」。バカリズムは「舘ひろし」とし「1人だけ絵のタッチが違う」と続けた。矢作は「竹野内豊」を挙げ、「ちょっと、やばい。この人の場合、声も乗っかっちゃってる」と話すと、中居は「竹野内くん、穏やかでいい人だよね」と答えた。若槻は「窪塚洋介」を挙げ、授賞式の際に窪塚が登場したときだけ、女性ライターや編集者がどよめいていたと言う。続けてバカリズムは「児玉清」を挙げて「みなさんが思ってる以上に背が高くて顔が小さくて、少なく見積もって12頭身ぐらいある」と明かした。矢作は「共感してもらえるかわかんないけど」と前置きした後「中居正広」を挙げた。矢作は「SMAPのなかではバラエティ寄りの人じゃないですか。かっこいい路線で見てなかったの。実際に見たらかっこよくてさ」と語ると、中居は「嬉しくないよ!」と反応した。話し合いの結果、1位竹野内豊、2位舘ひろし、3位児玉清となった。

 続いては「今でも面白いと思う、過去に一世風靡したギャグベスト3」。若槻は「世界のナベアツ」を挙げると、出演者は全員共感。バカリズムは「あれは発明ですよね」「シンプルですよね。無駄がない。ネタとして美しい」と語った。矢作は「スギちゃん」を挙げると、中居も「好き!」と反応。バカリズムも「一言ネタとして完成度高いですよね」と答える。矢作は「スギちゃん、ずっとこれやってくれたらよかったのに。本人が飽きてきちゃった」と言い始めると、山崎も「どんどんワイルドにしなきゃいけないとかいって、“靴の底がない”とか。そういうことじゃないのよ」とスギちゃんのネタに言及した。続いて中居と山崎は「コウメ太夫」と答えると、出演者たちは失笑。矢作は「今面白いだけでしょ? 当時面白くなかったでしょ?」と聞くと、山崎は「今なんてどんどんクオリティ上がってる」「“森かと思ったら林でした”、“サンタクロースかと思ったら豚ロースでした”っていうのもある」と返答。矢作は「ひどくて笑ってるだけだから」と言い、バカリズムも「それを発表するイタさが面白いだけですよ」と続けた。さらに山崎は「ムーディ勝山」も挙げて「今でも面白いよね」とコメントした。最終的に、1位世界のナベアツ、2位ムーディ勝山、3位コウメ太夫と順位が決まった。

      

「中居正広、おぎやはぎ矢作から“マジでカッコイイと思った男性芸能人”に選ばれる 「嬉しくないよ!」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版