乃木坂46 生田絵梨花、密着取材は「攻めに攻め続けた」 『YOUは何しに日本へ?』収録現場に潜入

乃木坂46 生田絵梨花、密着取材は「攻めに攻め続けた」 『YOUは何しに日本へ?』収録現場に潜入

 乃木坂46がゲスト出演する『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』(テレビ東京系)が、本日11月12日にオンエアされる。

 バナナマンの司会による『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系列・毎週月曜よる6時55分放送)は、日本の空港などに居合わせた外国人(YOU)に「YOUは何しに日本へ?」とインタビュー、その返答の様子や、気になる人に密着取材をし、来日した目的を果たす様子などを放送するドキュメントバラエティ。同スペシャルでは、MCのバナナマンとは『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で長年共演し、縁の深い乃木坂46が出演する。

 番組のディレクターとなり、空港や街中、さらには秘境でのガチンコ取材に挑むのは、秋元真夏、生田絵梨花、岩本蓮加、大園桃子、高山一実、阪口珠美、松村沙友理、与田祐希、和田まあや。一日インタビューしてもオンエアにのるのは1組いるかいないか、密着取材は100組声をかけて1組程度。そんな過酷なロケに、日本でもっとも忙しいアイドルの乃木坂46が挑戦する。今回リアルサウンドでは、番組収録の様子を取材。上記メンバーの他、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬も出演し、彼女たちが奮闘するVTRを見ながら、MCのバナナマンとトークを繰り広げた。

 『YOUは何しに日本へ?』は普段会議室で収録が行われているが、この日はスペシャルともあり広いスタジオで収録。乃木坂46メンバーが12名参加するため、MCのバナナマンを挟むように二段のひな壇席が配置された。収録後に行われた会見で西野七瀬が「収録は普段のバナナマンさんと共演している『乃木坂工事中』っぽい雰囲気で、何も変わらない感じにできたので、楽しかったです」とコメントを寄せていたように、『乃木坂工事中』のようなアットホームな雰囲気が現場から感じられた。

 最初は、生田絵梨花が担当した「成田国際空港でYOUに直撃インタビュー!」。設楽に生田のキャラを聞かれた西野が「解決するまで攻め続ける」とコメントすると、生田は「攻めに攻め続けた」とロケについて説明。そして一人一人がリレー方式で成田空港でインタビューに挑むVTRを見ながら、バナナマンと乃木坂メンバーは終始和やかな空気の中でトークを進行していく。その後もインタビューVTRの中で自身のライブ映像が出ると爆笑、美味しそうな食べ物が出てくる度に異様なテンションの高さを見せるなど、番組を盛り上げていた。

 「リトルYOUの夢かなえます!」を担当した秋元真夏、大園桃子、岩本蓮加の3人のキャラについて聞かれた齋藤は「岩本は若い、大園は気配りのできる子、秋元は乃木坂いち頭がでかい」と答えVTRへ。乃木坂で最年少の岩本の頑張りに拍手がおき、秋元とYOUとのやりとりにスタジオは爆笑の連続。「YOUはナゼ秘境に?」は和田まあやが担当。日本の島や村を訪ね、そこに住むYOUに密着取材し、その土地へ住み着いた理由を解き明かす。必死に頑張る和田の姿に設楽は「顔もてかってくるよな」とコメントし笑いが起きるも、奇跡の連続と声をからして頑張る和田の姿に一同感動した様子だった。

 その後、「成田国際空港でYOUに直撃インタビュー!」に登場した高山一実と与田祐希のパートに移る。人に声をかけるのは6年ぶりぐらいという与田に、驚きのリアクションをするメンバー。そして観光地でYOUにインタビューをする「行楽YOU」は、バナナマンに褒められたい一心で頑張る松村と、齋藤に「変な絵を描く」と言われた阪口珠美が担当。それぞれのキャラクターが発揮されたVTRの数々は、出演者だけでなく、周りのスタッフも含め、スタジオを笑いで染め上げていた。

 約4時間に及んだ収録からは、VTRやスタジオトークに見える乃木坂46の頑張り、公式おにいちゃんであるバナナマンの愛のあるツッコミなどを通して、両者の信頼関係を十二分に感じることができた。果たして乃木坂46メンバーは無事YOUの密着取材を終えることはできたのか。その結果は、11月12日の放送でぜひ確かめてほしい。

(取材・文=本 手)

■番組情報
『YOUは何しに日本へ?に乃木坂46がガチ参戦!アイドルだけど超本気コラボで汗と涙の3時間SP』(テレビ東京系)
11月12日(月)18:55~21:54
スタジオ出演:バナナマン、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬(乃木坂46)
ロケ&スタジオ出演:秋元真夏、生田絵梨花、岩本蓮加、大園桃子、阪口珠美、高山一実、松村沙友理、与田祐希、和田まあや(乃木坂46)

『YOUは何しに日本へ?』公式サイト

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!