>  >  > ボイメン『炎・天下奪取』リリイベレポ

BOYS AND MEN『炎・天下奪取』に詰め込まれた“三大要素”を体感 発売記念イベントレポート

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BOYS AND MENが、シングル『炎・天下奪取』を9月12日に発売。それを記念して13日、池袋・サンシャインシティ噴水広場にてリリースイベントを行った。

 東海エリア出身・在住のメンバーで結成された10人組ユニット・BOYS AND MEN(通称・ボイメン)。普段は東海エリアを中心に活動し、近年ではそれぞれのソロ活動も絶好調。都内で全員が揃いパフォーマンスを見ることができるのは貴重な機会でもある。会場には推しメンカラーのペンライトを持った多くのファンが集結した。

 イベントは『炎・天下奪取』収録曲のパフォーマンスからスタート。1曲目に前山田健一作詞・作曲による応援歌「炎・天下奪取」を披露した。めまぐるしく変化するフォーメーション、〈拳上げ ガツ!ガツ!奪取!/炎天下 天下奪取!!!〉の歌詞に合わせて拳を作った腕を激しく動かす振りで楽曲のエネルギーを表現。運動量の多いパフォーマンスを全力で行う10人からは、“天下を取ってやる”と言わんばかりの激しい気迫が伝わってくる。

 続けて披露したのはカップリング曲の「つっぱりパッショネイト」。先ほどまでの雰囲気から一変、方言を使いながら“名古屋あるある”を歌うユニークな一曲。演歌・歌謡曲のようなベタな曲調に合わせたコミカルな振り付けもユーモア溢れるボイメンのカラーにマッチしている。歌い終えると、会場に集まったファンに感謝を述べ、噴水広場のステージに立てた喜びを顕に。「テレビで見た場所だ! DA PUMPさんが「U.S.A.」を踊ってるのを見た!」と興奮気味に話した小林豊が“金のシャチホコ”的な金髪にイメチェンしたことをメンバーたちからイジられるというオチも含めて、ボイメンらしいパフォーマンスだった。

 もう一方のカップリング曲「あなたに出逢えたこと」は、作詞・作曲をナオト・インティライミが手がけたストレートなミディアムバラード。あらゆる人との出会いへの感謝の思いを正面から伝えるこの曲では、先ほどの2曲とはまったく異なる穏やかな表情を見せた。

 リーダーの水野勝からは、デイリーチャートで2位を獲得したことをメンバーもファンも悔しいと感じているという赤裸々な告白も。しかし、その悔しさは悔しいと感じるところまで来たという証であり、今後ファンと共に歩みながら、さらなる結果を残していくことが誓われた。そして「炎・天下奪取」の“おかわり”披露へ。激しい振り付けにもかかわらず、先ほどよりもさらにハイテンションで踊る姿からは、ボイメンの底力と本気を感じることができた。

      

「BOYS AND MEN『炎・天下奪取』に詰め込まれた“三大要素”を体感 発売記念イベントレポート」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版