DOBERMAN INFINITY、マリアナ政府観光局イメージソングを担当「ワクワクしながら作りました」

DOBERMAN INFINITY、マリアナ政府観光局イメージソングを担当「ワクワクしながら作りました」

 3月2日、ザ ストリングス表参道にてマリアナ政府観光局による『DOBERMAN INFINITY×オフィシャルイメージソング記者発表会』が行われた。

 サイパン、デニアン、ロタの3つの島を有するマリアナ。今回DOBERMAN INFINITYは4月18日発売の3rdアルバム『OFF ROAD』収録の「Lookin’ for」でマリアナ政府観光局オフィシャルイメージソングを担当する。マリアナ政府観光局は今回のDOBERMAN INFINITY起用理由について、「彼らの楽曲が常に前向きで人々に元気を与えてくれるものばかりである」ことを挙げた。

 青い海や空、美しい自然を映した映像とともにアップテンポな「Lookin’ for」が発表されると、会場にKUBO-C、GS、P-CHO、KAZUKIの4人が登場。GSはイメージソングを担当すると聞き、「真っ先に目に浮かんだのは青い海と青い空」と振り返ると、「次に浮かんだのは、このメンバーで(マリアナに)行けるのかな?」とはやる気持ちで制作を行ったと語った。P-CHOは「マリアナの景色を思い浮かべたときにポジティブな気持ちになれた」と前向きで楽しい楽曲を意識して制作したと言い、「Lookin’ for」というタイトルについて「新たな自分をマリアナで探せればという意味を込めています」と発言。さらにKUBO-Cが「Lookin’ for」でラップだけでなく歌にも挑戦したことを明かすと、KAZUKIは「いかに南国感を出すか」を重視し、コーラス部分でそれを表現したことを語った。

SWAY

 続けてP-CHOは「(フェスで)必ず盛り上がると思いますし、僕らのライブのセットリストの中に今後絶対に入っていきそうな大切な一曲になりそうです」とコメント。5月から全国ツアーが始まることを受け、「早くみんなの前で披露したい」と思いを述べた。後日全員でマリアナへ行くというメンバーそれぞれが島への期待を語り、この日、ライブのためイベントに参加できなかったSWAYがVTRにて登場。まだマリアナに行ったことがないというSWAYはメンバーと想像を膨らませ、「ワクワクしながら楽曲を作りました」と振り返った。さらにリスナーに向け、「この曲を聴いて実際にマリアナに行ってみたいな、とか、観光しながらこの曲を聴いてもらえたらすごく嬉しい」とメッセージを送った。

 最後にKUBO-Cが「最高にハッピーで最高の応援ソングができた」「マリアナのことももっとよく知ってもらえたら」とコメント。2018年を“DOGG YEAR”と銘打ち、精力的に活動する彼らから今後も目が離せない。

(取材・文=村上夏菜)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる