渡辺俊美 × ソフトバンク馬場一氏、「エネルギーで未来を開く」対談記事を公開

渡辺俊美 × ソフトバンク馬場一氏、「エネルギーで未来を開く」対談記事を公開

 渡辺俊美とソフトバンク株式会社馬場一氏の対談記事が、同社が手掛ける「自然でんき」HPで公開された。

 「自然でんき」が開発されたきっかけは、2011年3月11日に発生した東日本大震災、それに続く福島第一原発での事故。「安心で安全、どんな時でも永続的に供給される」エネルギーを目指し、開発された。

 渡辺俊美も福島県富岡町の出身であり、福島第一原発の事故により、故郷は現在も警戒地域に指定されているという。今回の対談では、「エネルギーで未来を開く」というテーマをもとに、ミュージシャンであり、書籍『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』を執筆し、作家としても知られる渡辺俊美と馬場氏による父親としてのメッセージなど、未来を語った記事になっている。

渡辺俊美OFFICIAL HP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる