>  > Flower専任組に訊く“変化と覚悟”

シングル『たいようの哀悼歌』インタビュー

Flower“専任メンバー”重留真波・中島美央・藤井萩花に訊く、新体制移行後の変化と覚悟

関連タグ
Flower
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Flowerが8月23日にシングル『たいようの哀悼歌』をリリースした。先日、E-girlsが<E.G.family>へと体制を変更し、重留真波・中島美央・藤井萩花がE-girlsとしての活動を終え、Flower専任メンバーに。また、今作は表題曲で初めて恋愛以外のテーマを歌うなど、グループにとっても新たな、そして大きな一歩を踏み出した重要作だ。

 今回はそんなFlowerの現状を確かめるべく、重留・中島・藤井の専任メンバー3人へインタビュー。体制変更後の心境や新作での成長、“孤独”を歌った「たいようの哀悼歌」や攻撃的なカップリング曲「Stranger」などについて話を訊いた。(編集部)【※インタビュー最後にチェキプレゼントあり】

「グループとしての夢を叶えたいし、それぞれの色がより明確になった」(重留)

ーー前回のインタビュー以降、Flowerがここまでクリエイティブ面で強くアプローチしているのだという認識がより広がったように思えます。今回の専任発表もその延長線上で、各自がより純度の高いものを作るための変革だという印象ですが、どうでしょうか?

藤井萩花(以下、藤井):「それぞれがもっと力を付けなければ」という意識は、E-girlsが始まったころからずっとあったものです。でも、今回新しい形になって3人の専任メンバーが生まれたことで、それぞれが出来ることが変わって、個人ベースで将来のためにやるべきことをリアルに考えるようになったのは間違いないです。もちろんこれまでも、大きな目標や理想に向かって活動はしてきましたが、そこまで近い将来のことは現実的に捉えられませんでした。ただ、E-girlsが新体制になってそれぞれの道が明確になり、行動に移せるようになったと思います。

重留真波(以下、重留):E-girlsというもの自体、「女の子に憧れられるものを作りたい」という理念のもとでDream・Happiness・Flowerが集結して出来たものでした。E-girlsではアリーナツアーもできて、紅白歌合戦も出演させていただけて、行きたい場所にどんどんたどり着くことができました。だから、その景色をFlowerでも見たいと思っています。個人活動もそうですけど、グループとしての夢を叶えたいし、それぞれの色がより明確になったからこそ、<E.G.family>という集合体は魅力のある場所になっていけるんじゃないかとワクワクしています。

重留真波

中島美央(以下、中島):6年間、E-girlsとして活動させていただくなかで、みんなで見れた景色や、自分たちの想像以上のことを体験させて頂ける機会も沢山あって、達成感も感じることができましたし、それをFlowerでも感じたいと私も思いました。私個人としても、新たな挑戦としてお芝居の世界に足を踏み入れましたが、それが出来たのもこのタイミングだからなんです。Flowerで3人の兼任メンバーが生まれたことで、それぞれを客観的に見れるからこそ強くなる、団結力や熱量があると信じています。

ーーみなさんの言うように、個々の力を強くしてきたからこそ、今回のような発展的変革があったのかもしれません。これからは専任メンバーとしてFlowerを具体的にどう大きくしていきたいですか?

藤井:クリエイティブに関しては、よりメンバーの意思やアイデアを反映していきたいです。作品にどれだけ自分たちの感性を入れられるかどうかが重要だと考えていますし、そういうリアルさが伝わったときに感じてもらえるパワーはまったく違ったものになると思っています。それは曲もパフォーマンスもビジュアルも、発信の仕方にも言えることですし、それぞれでFlowerという色をもっと成立させていかなければいけない。それをどこまで自己プロデュースできるかだと思うので、みんなで話し合って感性を混ぜ合わせた時にできる色を届けていきたいです。

重留:今まで全員がE-girlsとFlowerを兼任していたぶん、いい意味で1年間を2つのグループに費やすことができていたし、幸せなことに目まぐるしく仕事をいただけていました。反面、だからこそFlowerをどうしていきたいかについて、なかなか考える余裕や時間がなくなってきたのも事実です。でも、こうして専任になることで、自分たちのやりたいことや思いに対してもう少し時間をかけることができますし、自分はモデルも演技もやっていないぶん、メンバーのサポートを含めて活動しやすい環境を整えていけるようにしたいですね。

中島:2人と気持ち的には同じです。あと、FlowerとE-girlsってパフォーマンスやジャンルは対称的な2グループなので、Flowerのコンセプトをしっかり改めて理解して、もっともっと表現力を高めていきたいです。もちろん、兼任と専任という垣根ができたことでグループ内に役割の違いは出るかもしれないけど、そこをまとめ直すのが私の役目かなと思います。

「Flower“専任メンバー”重留真波・中島美央・藤井萩花に訊く、新体制移行後の変化と覚悟」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版