>  >  > 指原、後藤がHKT松岡はなを語る

指原莉乃とフット後藤、HKT48新センター松岡はなを語る「AKB48を揺るがすような奴に」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HKT48の指原莉乃とフットボールアワーの後藤輝基が司会を務める冠番組『HKT48のおでかけ!』(TBS系)の8月19日放送分で、「注目美少女! 新曲のセンターって最高かよ! 後藤が激白」の模様がオンエアされた。

 指原は、HKT48の8thシングル表題曲「最高かよ」のセンターに松岡はなが抜擢されたことに触れた。以前より、松岡を“推しメン”としていた後藤は、「嬉しいけど大変ちゃうの? と思って」とセンターの重みを指摘すると、指原も「辛いと思います……。私もHKT48でシングルの単独センターはやったことがないんですよ。(宮脇)咲良もやったことがなくて、単独ははるっぴ(兒玉遥)と(田島)芽瑠だけなんです」と説明した。

 「センターは誰が決めてるの?」と後藤が質問すると、指原は「秋元さんとHKT48運営超上層部、私たちにも見えないひとたちですね」と話し、続けて「無料で名刺を配る『名刺お渡し会』で全グループの若手の中で、唯一はなだけがなくなった」と明かした。その話を聞いた後藤は「ドーン! 行くんちゃう? AKB48をも揺るがすような奴になるかもしれへんやん」と予測すると、指原は「AKBグループ全体メンバーがいる現場で、はながいて、みんな『あの子誰?』って言ってきました。すげぇんだなって」とコメントした。

      

「指原莉乃とフット後藤、HKT48新センター松岡はなを語る「AKB48を揺るがすような奴に」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版