>  > Charisma.comが目指す理想のポップス

メジャーデビューミニアルバム『OLest』インタビュー

Charisma.comが語る、新作『OLest』と会社勤めの危機「OLコンセプトは今回が“最高で最後”かも」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20150708-charisma6.jpg

 

「『働いてます』よりも『OLです』って言ったほうがインパクトが強い」(ゴンチ)

――今回リリースされた『OLest』は、トータルイメージとして「OL」をこれまで以上に強く打ち出していますね。

いつか:OLであることが売りになるとは思ってなかったんです、最初は。それこそ、他で働きながら音楽をされてる方はいっぱいいますし。

――メリヤス♀でも「OL」モチーフのリリックは書かれてますよね。

いつか:むしろメリヤス♀の方が先でした、働いてましたし。ただ、Charisma.comでは「二人ともOL」っていうところが世間的にキャッチーっぽいというのを、去年までですごく感じたんです。音楽よりも「OLである」ということについて、インタビューやラジオなどでも聞いていただくことが多くて。それってつまり、そこが注目されているんだなと。そこをフィーチャーしてもらったので、今回はその流れに乗らせていただこうということで、全部OLを連想させる曲を作りました。

ゴンチ:たぶん、普通に「働いてます」って言うより「OLです」って言ったほうが、インパクトが強いのかなって。音楽やりつつ働いてる人はたくさんいるじゃないですか。でも「OLです」って言う人たちがあんまりいないのかな。私たちが「OL」っていうのが、耳に響きやすかったのかなと思います。

――その方向を強く打ち出すことに違和感はなかったですか?

いつか:うーん、これといってOLであることにこだわりがあるわけでもなく、ないわけでもないので。そういう流れを組んでいただいたのなら、乗ってみるのもありかなっていう。それでCharisma.comが広がるんだったら、全然押し出していきますという感じです。

――『OLest』のリード曲「お局ロック」や「こんがらガール」などはオフィスをモチーフにした攻撃型の楽曲ですが、そればかりでなく「アラサードリーミン」のように優しく寄り添うタイプの楽曲もあります。このバランスもはじめから考えていたことですか?

いつか:あまり意識はしてないんですけど、やっぱり全部聞いて最終的に「わかる!イライラする!まだイライラする!」って、イライラが残る作品は嫌だなと。イライラはするけど、客観的に見たら全部ギャグだよねみたいな。結果、それも充実してるじゃん、面白いよねって思えるようなアルバムだといいなと思ってたので。あと、まあ7曲に1曲くらいは優しい気持ちになります(笑)。「やりすぎた!」みたいな。

――攻撃的なリリックの中にも、「軽くコマネチで紛らわす」(「こんがらガール」より)のようなユニークな描写がありますね。まさに今言っていた「ギャグだよね」という、攻撃性が嫌味にならない絶妙な空気が生まれているように思います。

いつか:まあ、怒るっていうのはすごい疲れるじゃないですか。だから、ちょっとふざけたいみたいな気持ちはあります。

――また、目上の人に対して刺すようなリリックもあれば、一方でそういう目上の人に対して「大変だよね、わかるよ」みたいな目線のものもあります。

いつか:歳とったなって思いました、自分で。目上の人に対して、「何だこの野郎」って思えなくなってきてる。この人にはこういう考えがあって、だからこういうことを言ったりするんだよねー……(笑)、っていうのが見えてきて。じゃあ今度、自分より下の子にはどうやって伝えてあげたらいいんだろうな。同じやり方で自分がやられたようにやると反発される。私も反発をしていたから。でも言わなきゃいけないことはちゃんと伝えなきゃいけないし、みたいな。なんとも言えない状況ですね、今。

――では歳を重ねて、Charisma.comが多くの人に聴かれることで、考え方が変わったり書くものが変わったりということはありますか?

いつか:それはないですね。内容が変わることは今のところない。ただ、やっぱりいろんな方にサポートしていただいていて、半端な気持ちじゃやれないっていうのがあるので、結果をちゃんと出さなきゃなと思っているので。内容は同じであったにせよ、多くの人に聞いてもらえるような、わかりやすいものであった方がいいなと今は思っています。

――トラックは四つ打ちのポップなものが印象的ですが、トラックが変わっていくという可能性は?

いつか:それはあります、大いに。全然もう、四つ打ちも飽きてきてますね、なんと(笑)。これからはニュージャックスウィング的なのとかやってみたいですよね。ディスコ!みたいなのとかもやりたいし。いろいろ挑戦してみたいですね。

――ライブやMVでは、ダンスを含めてパフォーマンスで絵面を華やかにするということを意識されているように見えます。

いつか:意識してますね。サウンドがすごいバキバキしてたりテンポが速かったりしてるのに、棒立ちで突っ立って歌ってるのを見て誰が楽しいんだと思ってるので。動いたりというのは、できる限りするようにしてます。

――「HATE」のMVでは黒いシルエットのダンサー、「イイナヅケブルー」MVでは合唱団、今回の『OLest』収録の「お局ロック」ではスーツのビジネスマンというように、趣向を変えつつダンサーとのパフォーマンスが続いています。これはお二人のアイデアとして常にあるものですか?

いつか:ダンサーさんとやりたいとは常に思ってます。できればライブでもやりたいですね。今年、『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2015』に出させていただいた時に、12人のダンサーに一緒にステージに立ってもらってパフォーマンスすることができました。「イイナヅケブルー」の時の合唱団は、監督の発案ですね。「HATE」と「お局ロック」はちょいちょいこちらからイメージを伝えさせてもらいながら作りました。三作品とも振付は違うんですけど、ダンスの監修は黄帝心仙人さんにお願いしています。

――ビジュアル面でいえば、今回は衣装もOLコンセプトが強いですね。

いつか:そうです。『ショムニ』を意識しております。

――そのコンセプトは『OLest』以降も続きそうですか?

いつか:いや、もう、すぐやめちゃいます(笑)。すぐ気分変わっちゃうんで。OLコンセプトは今回が「最高で最後」くらいの意識で全面的に出しました。この先は「こないだと全然違うじゃん」みたいなものを、いろいろやっていきたいんですよね。それが通るかはわからないですけど。

20150708-charisma4.jpg

 

「最近はちょっと仕事に支障が……」(ゴンチ)

――メジャーデビュー後も、会社勤めは継続されるということですが、その活動スタンスはお二人の中で自然なものなのでしょうか?

いつか:いや、正直今もギリギリです。会社も仕事でやっている限りは責任が取れなくなったらもう居られないっていう意識があるので。なんとも言えないですね。できる限りっていう。

――そのことについてお二人の間で相談したりしますか?

いつか:全然しないです。それぞれ別の会社なので。どっちかっていうと会社の社長に相談しますね。次は7月にアルバムが出る予定です、とか。最近は向こうから聞かれますね。「じゃあ、いつ忙しくなるんだね」とか。好きなことをやっている方がなんか面白いじゃんっていう感じの社長なんですよね。ハワイの会社なんですけど、私以外の人はみんなフラダンスをやっていて、趣味だけれども本気レベルが高い感じで。それを会社が理解している、みたいなところなので。

――ゴンチさんの方も理解してもらっている感じですか?

ゴンチ:そうですね。幸い私は9時~17時であんまり残業とかない職種だったので。夕方以降は活動できる時間はあったので、その範囲でやってれば全然何も言わない感じだったんですけど。まあ最近はちょっと支障が……。迷惑かかっちゃってるなと、ちょっと申し訳ない気持ちでいっぱいなんですけど。

いつか:クビって言われちゃうかもしれないし。「ちょっとちょっと」って呼ばれたらもう終わりです。

――OLであることは、音楽活動を続ける上ではアイデンティティとしてすごく大きなものではない?

いつか:まあ今、大きいものではないって言ったら嘘ですけど、すごいこだわっているわけではないです。そもそも、別物だと思って始めているので。

――Charisma.comとして、この先の長期的なビジョンは考えたりしますか?

いつか:ビジョンはないんですよね、あんまり。今までもそうやって、ビジョンが見えずに来ちゃってるんで。ただ、とりあえず全力でやりたいなって常に思ってますけど。先を変に読んだりすると、「ダサくなった」とか言われる世の中じゃないですか。結果、何も考えてない時が一番格好よかったとか言われると、それはそれで腹立ちますし。なので、……ちゃんと考えながら、でもふざけていたいですね。

(取材・文=香月孝史/写真=下屋敷和文)

■リリース情報
『OLest』
発売:7月8日(水)
価格:¥2,000+税

<CD収録内容>
1.やれよ。
2.お局ロック
3.マメマメBOYがさつGIRL
4.アラサードリーミン
5.ダリぃだらりん
6.こんがらガール
7.超絶に胸が痛んでいるあなたの上司
8.黄昏各位

iTunes Storeでは『OLest』の予約注文もスタート
iTunes アルバム購入者限定のボーナストラックとして「イイナヅケブルー」の
MIX音源「イイナヅケブルー LUUxOOR HARDest MIX」も収録決定

iTunes

■ライブ情報
『MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in PARIS』
日程:2015年10月3日(土)、4日(日)
場所:フランス/パリ Le TRIANON
チケット情報:後日発表予定
出演者:CAPSULE、中田ヤスタカ(CAPSULE)、BOOM BOOM SATELLITES
Charisma.com、TEMPURA KIDZ and more (全出演者出演日未定)

『OLest リリースワンマンツアー2015「No more ZANGYO!!」』

日程:10月9日(金)
場所:心斎橋Music Club JANUS 
OPEN 19:00/START 19:30
INFO:清水音泉 06-6357-3666( 平日 12:00~17:00)

日程:10月12日(月・祝)
場所:名古屋ell.FITS ALL
OPEN:17:30/START 18:00
INFO:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100( 全日 10:00~18:00)

日程:10月18日(日)
場所:福岡Queblick
OPEN:17:00/START 17:30
INFO:キョードー西日本 092-714-0159( 平日 10:00~19:00, 土 10:00~17:00)

日程:10月23日(金)
場所:恵比寿LIQUIDROOM
OPEN 18:30/START 19:30
INFO:DISK GARAGE:050-5533-0888( 平日 12:00~19:00)

チケット先行先着申し込み中

「OLest」発売記念ミニライブ&サイン会
日程:7月11日(土)
場所:タワーレコード新宿

日程:7月12日(日)
場所:タワーレコード梅田NU茶屋町店

日程:7月18日(土)
場所:名古屋パルコ

日程:7月19日(日)
場所:キャナルシティ博多

Charisma.com インストアイベント詳細

■関連リンク

Charisma.com オフィシャルサイト

Charisma.com公式LINE
@charismacoms

      

「Charisma.comが語る、新作『OLest』と会社勤めの危機「OLコンセプトは今回が“最高で最後”かも」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版