HKT48指原莉乃の冷蔵庫から異臭? 兒玉遥「メンバーの間でも噂になってます」

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の4月24日放送回には、三代目 J Soul Brothers、ゆず、HKT48、中山優馬、ポルノグラフィティ、aiko、ももいろクローバーZが出演した。

 1番手に登場したゆずは、映画『クレヨンしんちゃん』の主題歌「OLA!!」を熱唱すると、2番手のHKT48には、視聴者から「メンバーが家に泊まりに来ることってありますか?」という質問が。指原莉乃はこれに対し「(田島)芽瑠、(田中)美久、(矢吹)奈子の3人が泊まりにきたことがある」と答え、矢吹は「お家はすごい綺麗だったけど、冷蔵庫が臭かったです」と暴露。指原はこれを否定するが、兒玉遥が「メンバーの間でも噂になってます」と追撃し、新曲「12秒」を披露した。続く中山優馬は「誰かが家に泊まりに来ることは?」という質問に「幼馴染が2ヶ月くらい居候していた。喋るネタが無くて、毎日カラオケに行ってた」と語ると、タモリは「30歳のとき1年間居候してた」と告白。中山はその後「YOLO moment」を歌い上げた。

 4番手にはポルノグラフィティとaikoが登場。ゆずを加えたほぼ同期の3組だが、新藤晴一はデビューから現在にかけて変わったことについて「ラジオの返しがついつい説教臭くなる」と語ると、aikoは「『挨拶がなってない!』とか言うようになって、小姑感が出てきた。アカンなと思うんですけど…」と反省。ゆず・北川悠仁は「今日は楽屋がタモリさんの隣で、『出演者の中で一番年上なんだ』と思って」と語ると、タモリは「そういう仕組みだったの!?」と初めて楽屋のシステムに気が付いたようだった。その後、ポルノグラフィティは「オー!リバル」を、aikoはテレビ初披露の恋愛ソング「夢見る隙間」を披露した。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!