>  >  > 『斉木楠雄のΨ難』監督コメント&メイキング

山崎賢人&橋本環奈とのメイキング写真も 『斉木楠雄のΨ難』福田雄一監督のインタビュー公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月21日に公開される映画『斉木楠雄のΨ難』より、福田雄一監督のインタビューとメイキング写真が公開された。

 本作は、2012年より『週刊少年ジャンプ』で連載されている、シリーズ累計発行部数500万部を超える麻生周一の同名コミックを実写化したコメディ映画。生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る斉木楠雄が、ワケありのクラスメイトたちにカラまれ災難が次から次へとふりかかるなか、突然訪れた地球滅亡の危機を乗り越えるため奮闘する模様を描く。

 原作を読んだ福田監督は、生まれながらにしてとんでもない超能力をもちながら、普通の学園生活を願う主人公の高校生・斉木楠雄について、「今までの超能力ものは、いかにその能力を使うかが描かれるのに対して、この主人公の斉木は、超能力があるがゆえに人生がめちゃくちゃになっているという考え方。切り口がものすごく面白かった」と語り、監督自らの持ち込み企画として映画化に向けて始動したことを明かす。

 映画化にあたって、監督が絶対条件として提示していたのは、主演に山崎賢人を迎えること。さらにキャストには、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、そして福田組常連のムロツヨシと佐藤二朗が顔を揃えた。そんなキャストについては「笑いに飢えたベストメンバーが集まった」とコメント。

 大学時代に旗揚げした劇団ブラボーカンパニーを軸に、放送作家、脚本家、演出家、映画監督と活躍の場を広げてきた福田監督だが、キャリアを重ねても笑いに答えはないといい、「人を笑わせることを仕事としてやってきているけれど、いまだ分からない。分からないから試してみたくなる」と語っている。さらに、「人を救うことができるのは、泣けるものより笑えるものだと思う。ひとりでも多くの人に、今日楽しかったねって言ってもらえるような、笑ってもらえる作品を作りたい」と、泣ける映画よりも笑える映画を作る理由を明かしている。

 あわせて公開されたメイキング写真には、福田監督が斉木楠雄役の山崎と照橋心美役の橋本と談笑する様子が捉えられている。

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記

■公開情報
『斉木楠雄のΨ難』
10月21日(土)全国ロードショー
出演:山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗、内田有紀、田辺誠一
原作:「斉木楠雄のΨ難」麻生周一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本・監督:福田雄一
音楽:瀬川英史
主題歌:ゆず「恋、弾けました。」(セーニャ・アンド・カンパニー)
制作プロダクション:プラスディー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント=アスミック・エース
(c)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会
公式サイト:saikikusuo-movie.jp

「山崎賢人&橋本環奈とのメイキング写真も 『斉木楠雄のΨ難』福田雄一監督のインタビュー公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版