>  >  > 北村龍平監督×LDH、ハリウッド進出へ

北村龍平監督×LDH、ハリウッド進出へ 大物海外俳優を迎えてアクションスリラー製作

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 北村龍平監督による新作アクションスリラー『Doorman(原題)』に、『バットマン ビギンズ』のケイティ・ホームズと『レオン』のジャン・レノが出演することが、先日Varietyなどで報じられた。

 現在プリプロダクション中の同作は、奉仕中にトラウマを抱えるような出来事にあい、心の傷を癒すため国に戻った米海兵隊員の女性の物語。その後ニューヨークの歴史的なアパートのドアマンになった彼女が、建物の壁に隠された貴重なアートを取り戻すため、全てを破壊しようとする傭兵と対峙する模様が描かれるようだ。

『ダウンレンジ』場面写真

 同作のプロデューサー、ジェイソン・モーリングは「『Doorman』はスマートなスリラーというだけでなく、アクション満載」とコメントしている。北村監督がケイティ・ホームズとジャン・レノとタッグを組み、自身初となるハリウッドでのアクション映画をどのような内容に仕上げるのか、大きな期待が高まる。

 『Doorman』の製作が発表された数日後の9月15日(現地時間)には、カナダ・トロントで開催されていた第42回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で、北村監督のホラーサスペンス『ダウンレンジ』のワールドプレミアが行われた。『ダウンレンジ』は、北村監督が『この世界の片隅に』の真木太郎プロデューサーと『太秦ライムライト』のコウ・モリプロデューサーとタッグを組んだ作品で、広大な山道で“何か”の標的にされた6人の大学生の恐怖を描き、ワールドプレミアでも好評を得た。

 2001年に発表した『VERSUS』で国際的な評価を得た北村監督は、その後『あずみ』や『ゴジラ FINAL WARS』などの大作を国内で制作するとともに、ブラッドリー・クーパー主演の『ミッドナイトミートトレイン』、ルーク・エヴァンス主演の『NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ』など、ハリウッドでもコンスタントに作品を発表してきた。2014年公開の小栗旬主演映画『ルパン三世』以降、ハリウッドでの作品が続けて発表されているだけに、今後はハリウッドで精力的な活躍を見せてくれそうだ。

 北村監督は現在、EXILEや三代目 J Soul Brothers、E-girlsなどが所属するマネジメント事務所LDHに所属している。LDHといえば、2015年に「LDH USA」を設立し、海外展開を本格化させながら、2016年4月には「LDH pictures」を設立し、映画事業に大きな力を注いでいる。その第1弾となった作品『たたら侍』は、第40回モントリオール世界映画祭ワールドコンペティション部門の最優秀芸術賞に輝いたほか、ロサンゼルスでもっとも古いとされるハリウッドの老舗劇場エジプシャンシアターでのプレミア実施や、全米9州12都市での公開など、海外展開に照準を合わせた映画事業を初期の段階から行ってきた。

      

「北村龍平監督×LDH、ハリウッド進出へ 大物海外俳優を迎えてアクションスリラー製作」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版