>  >  > 星野源『逃げ恥』に見る変化

成馬零一の直球ドラマ評論

人気絶頂の星野源、魅力は“こじらせ男のかわいさ”にアリ? 『逃げ恥』津崎役から考察

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年、紅白歌合戦に初出演し、ミュージシャンとしての地位を確固たるものとしつつある星野源。今年始まったラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』も番組内で語る下ネタが評判を呼んでおり、所属事務所(アミューズ)の先輩で、かつて同じ時間帯で番組を放送していた福山雅治が担っていた“下ネタも言えるカッコいい男”という立ち位置を確立しつつある。

 俳優としては、松尾スズキが主催する大人計画に所属していることもあってか、知る人ぞ知る通好みの役者というイメージだったが、近年では『コウノドリ』(TBS系)や大河ドラマ『真田丸』(NHK)といったドラマに出演し、メジャー感を漂わせつつある。

 そんな星野のメジャー化の決定打となりそうなのが、現在、TBS系で火曜夜10時から放送されているドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以下『逃げ恥』)だ。本作で星野はガッキーこと新垣結衣と契約結婚をする人間嫌いのサラリーマン役を好演。エンディングテーマの「恋」も担当しており、エンドロールで出演者が踊る「恋ダンス」も大きな話題となっている。

 海野つなみの同名漫画を原作とする『逃げ恥』は、ヒロインの森山みくり(新垣結衣)が家事代行サービスの仕事で知り合ったIT系の会社で働く津崎平匡(星野源)が、ふとしたきっかけから結婚を偽装した契約を結んで同居生活をする物語だ。夫を雇用主、妻を従業員に見立てて、会社のように夫婦の関係をシミュレーションしていく視点がユニークで面白いのだが、当初は契約として夫婦のフリをしていた二人が一緒に暮らしているうちにお互いに惹かれあっていく姿が見ていて実に楽しい。
 

20161101-nigehaji-m.jpg

 

 みくりと津崎を筆頭に、49歳未婚のキャリアウーマンで、イケメンに偏見のあるみくりの叔母・百合ちゃん(石田ゆり子)や、女に対して醒めているイケメンの風見(大谷亮平)、津崎の上司でゲイの沼田(古田新太)といった個性的なキャラクターが、物語の都合で動くのではなく自分らしく生きているのが一番の魅力だろう。彼らを淡々とした目線で描写しながら、心の奥へと迫っていくのが本作の面白さだ。何より作品の核にあるのは、「感情よりも理性を優先して静かに暮らしたい」という気分ではないかと思う。

 恋愛をフィクションで描くと、感情の昂りを描こうとするあまり、情緒的な物語としてイベント化されてしまい、先日のハロウィンのように、みんなで楽しく盛り上がることが過剰に求められる。そんなムードに対して、うんざりしているが、表立って言うのも「どこか後ろめたい」と思っている“無理して恋愛を楽しんでいるフリをしたくない人たちの気持ち”を代弁しているところが本作の人気の秘密ではないかと思う。

 最終的な評価は、そんな「理性的であろうとする人間の魅力」をちゃんと描けるのかにかかってくるのではないかと思うが、同枠で放送されていた『重版出来!』(TBS系)が原作の魅力を存分に引き出した上で連ドラとしての面白さを生み出していた野木亜紀子のことだから心配は無用だろう。最終的には、うまく着地してくれると信頼している。

      

「人気絶頂の星野源、魅力は“こじらせ男のかわいさ”にアリ? 『逃げ恥』津崎役から考察」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版