>  > 尾崎由香&作家陣が語る1stシングル

メジャーデビューシングル『LET'S GO JUMP☆』インタビュー

尾崎由香&作家陣が語り合う、歌手としての強みと可能性「曲ごとにまったく違う挑戦があった」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いずれはソロ歌手としてステージに立ちたい」(尾崎由香)

――自分の中で曲の世界観をイメージして歌を組み立てられてるんですね。

尾崎:曲の世界観を意識するのは役者をやってるからこその部分だと思うんですけど、今回はそれを大切にしながら曲ごとにまったく違うチャレンジができました。この曲に関しては自分のボルテージを上げて、全部を出し切りたかったんです。

沖井:尾崎さんは今回のレコーディングでは三者三様のディレクションを受けたと思うんですけど、僕はその印象の違いを聞いてみたくて。というのも、我々は作家なので、人がディレクションしてるところを見る機会があまりないんですよ。

尾崎:後藤さんはすごく優しい方で、ずっと「ベリーキュート!」って言ってくださるので私も楽しくなっちゃうんですよ(笑)。そこが「LET’S GO JUMP☆」の曲にピッタリだと思いましたし、やっぱり作ってくださる曲そのままの方というイメージが強くて、とっても楽しいレコーディングでしたね。

後藤:僕はね、キューボックス越しにずっと「めっちゃエエやん!最高!」って言いまくってたな(笑)。

尾崎:沖井さんとは今回が初めてだったので、レコーディング前は緊張して「怖い方だったらどうしよう?」と思ってたんです。

沖井:それ、よく言われるんですよ(笑)。

尾崎:でも、本当にわかりやすく丁寧にディレクションしてくださって。感動したのが、沖井さんはレコーディングする際に「行ってらっしゃい」って言ってくださるんですよ。

沖井:歌う人というのは歌の世界に入り込まなくてはいけないじゃないですか。だからあれは“こっち側”ではなくて“あっち側に行ってらっしゃい”ということなんです。

清浦:ボーカルブースってけっこう孤独になりますもんね。「これでいいのかなあ?」って思うと不安になってくるけど、そこを上手く寄り添ってくれるのが沖井さんの魔法なのかなと。

沖井:自分もデビューした時からブースの寂しさを知ってるからね。ブースの中でベースを一生懸命弾いてる時に、コントロールルームの聞こえないところで何か喋ってるのを見ると嫌じゃないですか。だから僕はできる限りトークバックをするようにしてるんです。尾崎さんはその必要はなかったけど、本当に不安にされてる方の場合は、僕も一緒にブースに入ったりしますし。気持ちが近いほうが絶対にいいと思うし、とにかく「沖井礼二は怖くない」ということを言っていただければ(笑)。

――では、buzzGさんのディレクションは?

尾崎:「ハートビート・サイレン」のレコーディングでは、とにかくエモさとかカッコよさを出すために追求してたんですけど、すごくすんなりできたというか、自分の中で素のままで歌えた感じがあったんですよ。

buzzG:僕はずっと“エモいbot”になってただけなので(笑)。

清浦:楽曲とご本人のシンクロ率が高かったのかもしれないですね。

――さて、尾崎さんは今作で待望の歌手デビューとなりますが、今後の歌手活動について、どのようなビジョンや目標をお持ちですか?

尾崎:いまはまだデビューしたばかりで3曲しかないので、これから次のシングル、アルバムと、いろんな私の曲を歌いたいなと思ってます。今回の3曲とはまた違ったアプローチの曲にも挑戦したいですし、いろんな曲を集めて、いずれはソロでライブのステージに立ちたいと思っています。

――クリエイターのみなさんは、尾崎さんの今後の活動にどのような期待を抱いてますか? もしまた尾崎さんに楽曲を提供できる機会があるとすれば、どんな曲を書きたいかもお聞かせいただければと。

後藤:まず、期待というかエールとしては、日本レコード大賞の新人賞ですね(笑)。あとはいろいろ聴いてみたいジャンルや作風もあると思うし、せっかくこうして制作陣でご縁ができたので、コライトじゃないけど一緒に曲を書いたりもしてみたいな。これは余談だけど…制作陣のみんなで一緒に食事する機会をいただいたりして、そういうひと時ってとても貴重だったし、制作にもいい形で反映されると思うんですよ。例えば作詞作曲やアレンジをシェアするとか、いろんなやり方があると思うから、みんなでアーティスト「尾崎由香」をもっとカラフルに彩って、そして更に輝いてくれたら最高ですね。願わくば“尾崎由香と仲間たち”みたいな感じ?(笑)、これからもクリエイティブなお付き合いができればと思いますね。

buzzG:僕も後藤さんと似たような感じですけど、いまの3曲だけでもすごくカラフルでいろんな色があるので、ジャンルだけではなくて、例えば尾崎さんと一緒に作詞してみるのも楽しそうだと思いますね。

清浦:私はこの中では唯一女性として参加させてもらっているので、アニメが好きだったり尾崎さんのファンの方だけじゃなくて、女性が聴いてもいいなあと思えるようなアプローチもできると素敵じゃないかなと考えてて。尾崎さんはそれができる方だと思うので。

沖井:尾崎さんは、これからも26歳、27歳と活動を続けていくと、人としての深みやキャラクターも変わっていくだろうし、たぶんお芝居にしても役柄がいろいろと広がっていくと思うんですよ。そういう演じる役の深みと一緒に曲も深めていけたらと思っていて。そのためには我々ももっと尾崎さんのことを知らなくてはいけないし、彼女はこれからどんどん成長していくと思うんですよ。そこに置いていかれたくないし(笑)、一緒に勉強していきたいんですよ。

尾崎:光栄です!

沖井:たぶん我々が尾崎さんのために書いた曲は、他の方が歌うと違和感が出ると思うんです。それは尾崎さんに書かせていただくことによって我々がもらえる何かだと思うし、一緒にモノを作っていく上でそこにしかない何かを作っていけたらなあと思いますね。それは僕らのためにもなると思う。

(取材・文=北野創/写真=堀内彩香)

■リリース情報
『LET’S GO JUMP☆』
発売中
価格:初回限定盤(CD+DVD)¥2,000+税
通常盤(CDのみ)¥1,300+税

<初回限定盤 CD収録内容>
1.LET’S GO JUMP☆
※TVアニメ『少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん』(NHK Eテレ)オープニングテーマ
作詞、作曲:後藤康二(ck510)
2.僕のタイムマシン
作詞:清浦夏実(TWEEDEES)・沖井礼二(TWEEDEES/ ex-Cymbals) 作曲:沖井礼二
3.LET’S GO JUMP☆ inst
4. 僕のタイムマシン inst

<通常盤 CD収録内容>
1.LET’S GO JUMP☆
※TVアニメ『少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん』(NHK Eテレ)オープニングテーマ
作詞、作曲:後藤康二(ck510)
2.ハートビート・サイレン
作詞、作曲:buzzG
3.LET’S GO JUMP☆ inst
4.ハートビート・サイレン inst

<DVD収録内容>※初回限定盤のみ
1.LET’S GO JUMP☆ MV
2.LET’S GO JUMP☆ メイキング

初回限定盤特典:撮り下ろしアナザージャケット3種ランダム封入(全10種)
通常盤特典:封入オリジナルステッカー

<チェーン店別特典>
タワーレコード:オリジナルA4クリアファイル(撮り下ろし限定写真)
Loppi・HMV:オリジナルB3サイズポスター(撮り下ろし限定写真)
アニメイト:オリジナルA4下敷き(撮り下ろし限定写真)
とらのあな:オリジナルブロマイド(撮り下ろし限定写真)
ゲーマーズ:オリジナル特大缶バッジ(撮り下ろし限定写真)
ソフマップ:オリジナルポストカード(撮り下ろし限定写真)
その他、サポート店:オリジナルICカードステッカー【3種のうち1種ランダム配布】(撮り下ろし限定写真)

■イベント情報
『尾崎由香 「LET’S GO JUMP☆」発売記念イベント』
8月12日(日)①
会場:【大阪】HMVグランフロント大阪
ミニライブ+ハイタッチ会

8月12日(日)②
会場:【大阪】タワーレコード梅田NU茶屋町店
ミニライブ+ハイタッチ会

■関連リンク
尾崎由香 オフィシャルサイト
尾崎由香 オフィシャルTwitter
尾崎由香 Instagram
少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん オフィシャルサイト

尾崎由香 サイン入りチェキプレゼント

尾崎由香のサイン入りチェキを1名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

応募方法

リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド公式Twitter

応募期間:8月21日(火)

「尾崎由香&作家陣が語り合う、歌手としての強みと可能性「曲ごとにまったく違う挑戦があった」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版