>  >  > 『堂本剛の素』が映した“本質”

『堂本剛の素』第6回「親友と行く 箱根ふたり旅」後編

KinKi Kids 堂本剛の“素”は脳みその外にある 『堂本剛の素』が示したアーティストとしての本質

関連タグ
KinKi Kids
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「脳みその外でね、みなさんぜひ生きてください。脳みその中で生きる必要ないですから」

 KinKi Kids 堂本剛の素顔に迫るドキュメンタリー番組『堂本剛の素』。最終回となる第6回“「親友と行く 箱根ふたり旅」後編”が、5月18日より動画配信サービスGYAO!にて配信されている。第6回では、剛が親友である芸人・天竺鼠 川原克己と“彼らの箱根”に到着するまでが収められていた。

 朝10時に東京・新橋を発った剛と川原は、東名高速にて箱根を目指す。途中、海老名パーキングエリアなどに寄りつつ、午後5時にようやく“彼らの箱根”に到着。川原は「箱根、着きました! ここで降りたら完璧ですよ」と口にしながら、車を降りる。降車した後、目的地点まで少々歩く2人。ふと、立ち止まると剛は「ここが箱根か……」と呟いた。彼らが着いた場所は、なんと東京・新橋。ロケがスタートした地点に帰還していた。

 剛は「これぞやっぱりね、脳みその外ボンバーで考えた、箱根ボンバーですよね」とコメント。川原もまた「あなたたちの箱根は、そもそも最初にいましたよってこと」と言い、「ずーっと最初から僕らは箱根にいて、箱根の中を移動してたわけですよ」と説明した。そして2人して「最高でしたね。ありがとうございました」と満足気にロケを締めくくる。

 “脳みその外で考える”。『堂本剛の素』で度々耳にするワードだ。剛と川原は“脳みその外”というワードで意気投合し、それからずっと2人のテーマにしている。そして“彼らの箱根ふたり旅”こそ、到着地点や道中のやり取りを含め、まさに脳みその外で考えることを体現していたように思う。剛は今回の旅の途中で「これ(『堂本剛の素』)も観てもらって、“で、なんやったんコレ?”っていう(感想の)方が、気持ちええなぁ~っていう感じがしてるんですけどね」と語っていた。そして全6回が終わった今、私たち視聴者は、剛の思惑通りの感想を胸に抱いている。いくら脳みそで考えても、“堂本剛の素”がなんなのか、わからないのだ。だからこそ、私たちは『堂本剛の素』を“感覚的に見る”。

 剛はこんなことも言っていた。「ちょっと一回、目覚まさへん? って思ってるんですよ。いつも作品作るときに。自分で結構決めつけてないって。人のことも自分のことも。直感とかそういうの忘れちゃってるっていうか」。そして、そんな“決めつけ”に悩んだ時期もあったと続ける。「僕なんかも、結局ジャニーズの中で変わってるとか、ぽくないとか、よく言われんねんけどさ。いやだってこれ半分以上は、企画とかイメージが先行して、みんな第三者の人が作ったイメージを僕は生きてるつもりなくても、生かされてるっていう状況が続くっていうか。いつもどんなときも第三者が決めていて。僕が決めたことなんて一個もないですよ。ルールもイメージも」と“堂本剛らしさ”や“ジャニーズらしさ”に対しての苦悩も明かした。

      

「KinKi Kids 堂本剛の“素”は脳みその外にある 『堂本剛の素』が示したアーティストとしての本質」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版