>  >  > 『YON FES』が確立した個性

『YON FES 2018』

04 Limited Sazabys『YON FES』、3年目に遂げた更なる進化 バンド主催フェスの新たな定番に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 04 Limited Sazabys主催のフェス『YON FES 2018』が2018年4月7日、8日に、愛知県 愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で開催された。SKY STAGE(メインステージ)、LAND STAGE(サブステージ)の2ステージ制で行われる『YON FES』は今年で3年目。チケットは発売後すぐに売り切れ、過去最高の(2.4万人)を動員するなど“東海地方の春フェス”としてすっかり浸透した感がある。また、京都大作戦、氣志團万博などに続く、バンド主催フェスの新たな定番としても注目されるべきだろう。

Arrow
Arrow
04 Limited Sazabys
ArrowArrow
Slider
 

 「地元・名古屋で本格的なロックフェスを開催したい」というフォーリミのメンバーの強い思いから始まった『YON FES』。そのもっとも大きな特徴は、出演バンドのラインナップ、会場のレイアウト、飲食ブース、グッズに至るまで、メンバー自身の意図、意志がしっかりと行き届いていること。

 まずは出演バンド。今年の1日目(4月7日)の中心は、go!go!vanillas、キュウソネコカミ、THE ORAL CIGARETTESといったフォーリミと同世代のバンドが出演。各地のイベント、フェス、2マンライブを繰り広げながら、シーンを盛り上げてきたこれらのバンドは、『YON FES』でも大きな役割を果たしていた。

写真=ヤオタケシ

 また、Dizzy Sunfist、SIX LOUNGE、teto、yonigeなど下の世代のバンドが初出演したのも印象的だった。そこには“新しい世代のバンドを生で見てほしい”という意図があったと思うが、GEN(04 Limited Sazabys/Vo&Ba)がライブ中に「後輩のライブを観て、すごい焚き付けられるものがあった」「大切なものを思い出させてくれてありがとう」とコメントしたように、フォーリミ自身にとっても大きな刺激になっていたようだ。さらに毎年恒例の“先輩枠”として出演したORANGE RANGEのステージでは、GENがサプライズ登場し「イケナイ太陽」をセッション。バンドシーンの世代間交流を実現してみせた。

写真=ヤオタケシ

 1日目のもうひとつの目玉はメロディックパンク・バンドのSHANK。結成15年目を迎えたSHANKがフォーリミのメンバーにとって憧れの存在であることはまちがいない。自らがリスペクトするバンドを積極的に紹介することは『YON FES』の意義の一つであると同時に、メロコアシーンを盛り上げたいというメンバーの思いでもあるのだろう。

写真=Viola Kam (V’z Twinkle)

 2日目(4月8日)はCrossfaith、マキシマム ザ ホルモン、HEY-SMITHなどの実力とキャリアを併せ持ったバンドが数多く登場。ジャンルを超え、バンド同士の個性がぶつかり合う刺激的なステージが繰り広げられた。また、DATS、フレンズといった気鋭のバンドも登場。『YON FES』のラインナップではかなり異色の2組だったが、高い音楽性と独創的なステージングを披露し、フォーリミのファンにも強くアピールしていた。DATSとフレンズはまったくジャンルが違うが、どちらもGENと交流のあるバンド。彼の音楽的な視野の広さ、新しい才能をいち早く紹介しようとする姿勢もまた、『YON FES』の幅広さにつながっている。

 メロコアシーンで活動を続けるCOUNTRY YARD、ENTHのアクトも強いインパクトを残した。フォーリミはもともとメロコアシーンから出て来たバンド。同じフィールドでしのぎを削ってきたバンドを約2.4万人のオーディエンスが集う『YON FES』に呼ぶことの意義はあまりにも大きい。個人的にもっとも印象的だったのは、My Hair is BadがSKY STAGEに“格上げ”されたことだった。初年度の『YON FES』ではLAND STAGEに出演した彼ら。その後ブレイクを果たし、今年3月に初の日本武道館公演を成功させた彼らがメインステージに登場したことは、新世代のバンドをフックアップしてきた『YON FES』にとっても大きな成果だったと思う。

      

「04 Limited Sazabys『YON FES』、3年目に遂げた更なる進化 バンド主催フェスの新たな定番に」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版