>  >  > 声優アーティストの“おもしろさ”感じる新作

北野創の新譜キュレーション 第2回

イヤホンズ、牧野由依、TrySail、宮本佳那子……声優アーティストの“おもしろさ”感じる新作4選

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 数ある新譜のなかから魅力的なアニメ音楽を紹介するこの連載。今回は声優が本人(あるいはユニット)名義で歌う音楽作品、いわゆる「声優アーティスト」というテーマを軸に4作品をピックアップします。

イヤホンズ『Some Dreams』

 なぜ「声優アーティスト」という切り口を選んだかというと、その様式におけるある種の究極の答えともいえるような作品が、このタイミングで登場したからです。高野麻里佳、高橋李依、長久友紀の女性声優3人によるユニット、イヤホンズの2ndアルバム『Some Dreams』。これほどまでに徹底して「声優らしさ」を打ち出しながら、音楽的にチャレンジした作品がかつてあったでしょうか。

 1曲目「新次元航路」で彼女たちは海賊から女神像、果てはバスタオルやティーカップまで、3人で16ものキャラクターを演じ分けながら歌唱。只野菜摘による物語仕立てのシュールな歌詞や、クリエイター集団の月蝕會議が作編曲を手掛けたラスティック~ワルツ~ハードロックなどへ変遷していくサウンドも刺激的です。さらに特筆すべきは三浦康嗣(□□□)が手掛けた異色のラップ曲「あたしのなかのものがたり」。人生の分岐点に立つ女性が、それぞれの方向に進んだ未来の自分に将来の様子を伺うという構成で、三者三様のラップとラウンジーなエレクトロニカ・サウンドがSF(=すこし不思議)感を演出する、実験精神に溢れた一曲です。ほかにも小坂明子のペンによるドリーミーポップ「Fuwa くちゃ Dreamer」、J・A・シーザーの黙示録的ハードロックに朗々とした歌声で応える「ウィッチクラフト 《テオフィルの奇蹟》」など、楽曲ごとにまるで雰囲気の異なる「夢」の世界を表現した全12曲。シアトリカルな歌表現を突き詰めてポップスの新しい可能性を切り開いた、声優ソングのエポックメイキング的な作品と言えるでしょう。

【イヤホンズ】「あたしのなかのものがたり」Lyric Video【イヤホン推奨】
牧野由依『WILL』

 声優が「声のプロフェッショナル」であることを実感できる作品という意味では、牧野由依のミニアルバム『WILL』にも同じことが言えます。音大のピアノ科出身で、過去には菅野よう子やEPOから楽曲提供を受けたこともある彼女。今回の新作では自身の「声」にフォーカスを当て(詳細はこちらのインタビュー記事を参照)、さまざまなアプローチでその新しい魅力を引き出しています。なかでも素晴らしいのが、TVアニメ『サクラダリセット』のオープニングテーマに起用されたシングル曲「Reset」のリアレンジバージョン「Reset-A Cappella Version-」。ひとり多重録音のアカペラという山下達郎の『ON THE STREET CORNER』シリーズと同じ手法で作られたこの楽曲は、彼女が主メロやハーモニーのみならずボイスパーカッションも担当していて、まるで天上の音楽のように美しい声の重なりを聴かせています。

牧野由依/「ResetーA Cappella Versionー」Special Movie

 kz(livetune)提供の美声を活かしたエレクトロハウス「ハウリング」、元ARTEMAのMEGによる「Colors of Happiness」のEDMリミックスといったダンスミュージック曲も新鮮だし、矢野博康が書き贈ったシングル曲「What A Beautiful World」のピアノ弾き語りによるスタジオライブバージョンも、彼女の歌声のネイキッドな良さが捉えられていて最高! 音楽における「声」の重要さにあらためて気づかされる一枚です。

TrySail 『WANTED GIRL』

 さて、声優ソングを語る上で欠かせないのが、実際に彼ら彼女たちに楽曲を提供する作家です。日本のポップスは元来優れた作家によって発展してきた側面が強く、歌謡曲の時代から連綿と続くその流れは、いまアニメ音楽の現場にこそしっかりと根付いているように思われます。そこでは才能溢れる作家たちが日夜しのぎを削ってるわけですが、ここで紹介するTrySailのニューシングル『WANTED GIRL』には、そのなかで今後さらに注目を集めるであろう気鋭の作家たちが起用されています。まずTVアニメ『タイムボカン 逆襲の三悪人』のオープニングテーマとなる表題曲を手掛けたのは、ハヤシケイ(作詞・作曲)と毛蟹(編曲)の二人。前者はKEI名義でボカロPとしての活動が知られる音楽家で、後者はTVアニメ『少女終末旅行』のオープニングテーマ「動く、動く」(作詞・作曲・編曲)や西川貴教「awakening」(作詞のみ)などを手掛けるクリエイター。TrySailの「WANTED GIRL」ではシャッフル系のノリの良いロックンロールで彼女たちの賑やかでポップな一面を引き出してますが、過去の仕事や作品から見るに二人とも多彩な引き出しを持っているようなので、今後活躍の場を広げていくことでしょう。

TrySail 『WANTED GIRL』-Music Video YouTube EDIT ver.-

 また、ワルツ調の優雅なカップリング曲「散歩道」を提供した5u5h1も注目すべき存在です。彼もまたすしP名義でボカロ曲を作っていたことで知られるのですが、昨年にTrySailのメンバーである麻倉もものソロ曲「No Distance」を作曲。さらに今年、アニメ『三ツ星カラーズ』のキャラソン「わたしのCOLOR(S)」でYunomiなどにも通じるオリエンタル系フューチャーベースを披露して一部好事家の話題をさらいました。4月にリリースされる内田真礼の2ndアルバム『Magic Hour』にも「ロマンティックダンサー」という新曲を提供しているようで、こちらも気になるところです。

TVアニメ『三ツ星カラーズ』キャラクターソングシリーズ01 結衣 公式試聴動画

      

「イヤホンズ、牧野由依、TrySail、宮本佳那子……声優アーティストの“おもしろさ”感じる新作4選」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版