>  >  > 2018年HIPHOPシーン注目の新譜5選

渡辺志保の新譜キュレーション 第12回

2018年もヒップホップシーンにはビッグウェーブが訪れる 渡辺志保が選ぶ、注目の新譜5選

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年が明けて約1カ月が経つ頃ですが、今年もヒップホップ界隈はやかましくなりそうです。今回は、2018年を大きく動かしそうなヒップホップシーンの新作を5作紹介します!

 まずは、シカゴ出身の強烈なフィメールMC、カップケイクから。英語の表記はcupcakKeですが、おそらくアメリカでも(一部のポルノで)人気のワードである“bukkake”に引っ掛けていると思われます。2016年頃からシーンで注目を集め始めた彼女(ちなみに本名はエリザベス)。同じシカゴで生まれ、扇動的なギャングスタラップのジャンルであるドリルミュージックをポピュラーにしたチーフ・キーフとは同じエリアで育った幼馴染とのこと(R.I.P フレド・サンタナ!)。

Charli XCX – Lipgloss feat. cupcakKe [Official Audio][キャプション]
cupcakKe『Ephorize』

 去年はミックステープ『Queen Elizabitch』を発表したり、チャーリーXCXの楽曲「Lipgross」に参加するなどし、シーンにおいて着実にステップアップを果たしていたカップケイクですが、今年の1月8日に新作アルバム『Ephorize』をリリースしました。紫色の髪と、同系色のリップカラーで彩った唇、むっちりしたボディなど、ルックスも強烈な彼女ですが、そのフロウとリリックの内容も一度聴いたら忘れられないほどのインパクトです。ひたすら自分のテク自慢に興じる「Duck Duck Goose」やバッグス・バニーやスポンジ・ボブなどアニメキャラの名前を出しながらマシンガンのようにスピットする「Cartoons」など、彼女のユニークなスキルを堪能できる楽曲に溢れているのですが、中でも特筆すべきは「Crayons」かと思います。カラフルな色=レインボー=LGBTQにとってのテーマカラー、ということで、レゲトン風の扇情的なビートに乗せて、性的マイノリティを容認し支持する楽曲に仕上がっています。しかも「同性同士で愛し合ったっていいじゃん、ファック・ザ・ワールド!」と、そうした見方に否定的な意見を示す世の中に対してハッキリと中指を立てる姿勢を崩さぬカップケイク。ここ数年、ニッキー・ミナージュやカーディ・BといったフィメールMCがメジャーヒットを立て続けに放ってきましたが、2018年はカップケイクがその後に続きそうです。

 そして、今年初盤のビッグリリースといえば、アトランタのラップトリオであるミーゴスの新作アルバム『C U L T U R E 2』です。ちょうど1年前に発売された『C U L T U R E』は、彼らにとって初めてのナンバー1・ヒットアルバムとなり、第60回グラミー賞でもベスト・ラップ・アルバム部門にノミネートされるほどの評価を受けました。昨年10月に発売したリードシングル「MotorSport」はメンバーのオフセットの彼女でもあるカーディ・B、そしてニッキー・ミナージュというフィメールMC二大巨頭をゲストに迎えて話題になり、続いてリリースした「Stir Fry」は、なんとファレル・ウィリアムスによるプロデュース楽曲。『C U L T U R E 2』はいつも彼らの作品に参加しているメトロ・ブーミンやマーダー・ビーツといった人気プロデューサーらのほか、マイク・ディーン、そしてアディショナルプロデューサーとしてカニエ・ウエストらも参加。そして、豪華なゲストのメンツにはドレイクやタイ・ダラー・サイン、ポスト・マローンに21サヴェージといったトップヒットを放つ人気ラッパーたちばかりが名を連ねており、より本格的に全米、いや世界的なブレイクを後押しする作品になっています。驚くべきことに(!)、彼らにとっての初来日公演も発表されたばかりで、今年は日本でもミーゴスの名前が大きく轟くのでは。

Migos, Nicki Minaj, Cardi B – MotorSport (Official)
Migos, Nicki Minaj, Cardi B – MotorSport (Official)

「2018年もヒップホップシーンにはビッグウェーブが訪れる 渡辺志保が選ぶ、注目の新譜5選」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版